スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【移民申請】 健康診断 ①

2008年11月17日 22:19

移民申請にあたり、健康診断を受けねばなりません。
職場で8月に受けたばかりなので、その結果を流用したいなぁと思ってもダメ。
なぜなら、DMP(Designated Medical Practitioner)としてCICのホームページで紹介されている医師の診断を受けねばならないから。
その指定医は、2008年の11月現在で日本にたったの6名。
福岡1名、神戸1名、仙台1名、東京3名(内2名は同じ病院に勤務)。(CICのリスト順)
遠かろうがなんだろうが、絶対いづれかの医師の元に行かねばなりません。
きっと検診の為に、1泊しなきゃいけない人とかもいるんだろうなぁ~。
お疲れ様です。
大阪在住の私が選んだのは、神戸海星病院
片道2時間弱程の場所。
まぁ、何とか許容範囲の距離ですよね。

持参して実際使ったもの
パスポート
証明写真(4枚)
Appendix C(記入済み)

持参したけれど使わなかったもの
眼鏡
予防接種記録
健康保険証

申請に必要な、Medical Report-Section Aと言う書類の原紙は病院側で用意してあり、まず私はその用紙に名前や住所など必要事項を記載しました。
後は病院側で住所のスタンプを押し、指定医の先生が署名をしてくれました。
1枚は病院用、もう1枚は申請者用。
提出した4枚の写真も、書類1枚1枚に貼り付けられてました。
そうそう、署名。
パスポートと同じものがいいかなと、申請書類には日本語の漢字表記の署名をした私。
このMedical Reportにも漢字で書いたのですが、指定医の先生が問診用の別の書類を記載の時に、『ここに英語でサインしてね。』と言ったので、アルファベット表記にしました。
で、後で海外VISA申請担当の病院の職員の方に、『Section Aには漢字でサインしましたが、問診用には先生が英語でと言ったので、英語で書いたのですが・・・』とお伝えすると、じゃぁSection Aの漢字の横に、英語も併記してってことになったので、その通りにしました。
病院の判断が必ずしもカナダ側の判断と合致するわけではないと思うので、やや心配もありますが、この点が問題にならなければいいなと願うばかりです。

検診内容は、身長・体重測定、血圧測定、触診、問診、血液検査(HIV検査を含む)、尿検査、X線検査、視力検査。
HPには年齢により別途検査項目が追加される場合もあると書かれていますが、私の場合はこの基本検診だけで良かった様です。
8時40分ほどから総合カウンターで受付して、9時ちょっと前に国際内科と言うVISA申請担当の科に行き検診開始、10時半にはお会計を済ませて病院のシャトルバスに乗ることが出来たので、案外スムーズでした。
電話で予約した時に、検診にかかる時間を聞いたら、各科を回らねばいけないので5~6時間になることもあると言われ、びくびくしてたのですが、早く終わって良かったです。

眼鏡は家で映画を見たりゲームをしたり、ごくまれに運転する時だけにかけているのですが、検診には使いませんでした。
レントゲンを撮るし、無地の白シャツは基本よねっと下に着込んで行ったけれど、水色のガウンに着替えるように指示されたので、用なし。
予約した後に病院のHPが変更されていて、カナダビザ申請の為の健康診断時には、母子手帳又は予防接種記録も持参するようにと追加されてました。
なので前の晩に実家に電話して、私の予防接種歴を読み上げてもらったんだけれど、結局これも問われることはありませんでした。
血液検査時にHIVの検査もするということに対して、英語の同意書があり、一読してサインをしました。

検診代30,000円+消費税1,500円。
高いっ・・・けっと鼻で笑っちゃうぐらい高い・・・でも避けて通れないので仕方がない。
結果はマニラのカナダ大使館に病院から直送となり、郵便局のサービスを使ったEMS代金として1,500円。
FedExで送ると言う選択肢もあったのだけれど、費用が1万円ほどだったので、EMSにしました。
EMSの送付状番号を、メールで教えて頂くように依頼。
検診結果は異常がなければ、大丈夫でしたよと教えてくれるぐらいで、個人に開示はしていないようです。

さてこの代金、クレジットカードで払えると予約時に確認していたんですが、実はカードを家に置いて来ちゃってたのです!
って、実は検診前に気付いたのですが、先に伝えてしまうとせっかく遠路はるばるやって来たのに、予約を取り消しにされちゃったら嫌だなぁ~と思って黙ってました。
駅前に銀行があったので、終わってから引き出しに行って支払をしようと。
ただ、駅前といってもバスで5分ほどなので、逃げたと思われないかしらとドキドキ。
まぁ、こんな大切な申請をしている人が、代金踏み倒しなんて考えられませんがねっ。
パスポートのコピーも握られているし。(笑)
会計で事情を説明したところ、銀行のカードでも直接お支払出来ますよとの返答が。
J-Debitです!存在は知ってたけれど、使うのは初めて!
救われましたぁ~。時間も余分にかからずに済みましたぁ~。
そう言えばカナダでは、クレジットカードよりもこの銀行のカードを使った支払の方が一般的なんですよねぇ~。
スーパーの買い物とかも、こうやって払ってたよなぁ~と変なところで思い出した私です。

と言うわけで無事検診も終了。
この健康診断の有効期限は1年間。
それまでに移民としてカナダにランディングしなければ、診断結果が無効となり、再検診が必要となるそうです。
と言うことで、私のランディング期限は2009年11月17日。
来年の今頃には、カナダなのかなぁ~と漠然と考えるのでありました。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kaiser2009canada.blog55.fc2.com/tb.php/7-c67bb156
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。