スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【わんこの準備】 ペットの輸出検査申請書の書き方 追加質問

2009年09月14日 11:12

以前も関空の動物検疫所に電話して、書類申請の疑問点を聞いたんだけど、いざ書くとなるとまた追加質問が・・・
って事でその内容をアップです。
前回の記事はコチラでどうぞ。

Q : 標識年月日とはマイクロチップの装着日を記載するのか?
A : その通り。

Q : 狂犬病予防接種欄は3行設けられているので、過去3年分を新しいものから順に記載すれば良いのか?
A : 有効なもの1つだけで良い。
Q : では、その他予防接種の欄は2行だが、同じく有効なものだけで良いのか?
A : その通り。

Q : その他予防接種の予防液の種類欄は、狂犬病と同じく『不活化』と書けば良いのか?6種混合を受けているが、その6種の内容については備考欄に書けば良いのか?
A : 『不活化』とではなく、 6種の名前を欄内に記載。
Q : 枠が小さいので、やはり備考欄が必要ではないのか?
A : 国際的略称があるので、それで記載。6種の名前が分かれば略称を伝えることが可能。
Q : 犬ジステンパー、犬伝染性肝炎、犬アデノウイルス2型感染症、犬パルボウイルス感染症、犬パラインフルエンザ、犬コロナウイルス感染症の略称は?
A : DA2PPiC (iだけ小文字で)この記号で6種カバー。
*それぞれ下記の略とのこと。農林水産省のコード一覧表20に載ってました。
  D = Distemper (犬ジステンパー)
  A2 = Adeno2 (犬伝染性肝炎及び犬アデノウイルス感染症)
  P = Parvo (犬パルボウイルス感染症)
  Pi = Parainfluenza (犬パラインフルエンザ)
  C = Corona (犬コロナウイルス感染症)

Q : 出発は3週間後だが、今から開業医による健康診断を受けても良いか?
A : 出発の1週間前、出来れば3日前に受けてください。

Q : 申請書は英語記載の方が良いのか?
A : 日本語でも良いが、犬の名前などスペルが分かりにくい箇所は英語で。
(作成してもらう書類は英語なので、住所など後々スペル確認に時間が取られると無駄なので英語で作成しようと思ってます。)

この一連の手続き、ANIPAS(動物検疫検査手続電算処理システム)と言うシステムを使って、電子申請も出来るんですよね。
その方が答えが選択式になってたりして、質問数が減りそう。
でも、我家のインターネットブラウザがFirefoxの為なのか、ドロップダウンで選択で来るようになっている箇所が上手く機能せず、申請書をダウンロードして手書きで記載し、FAXと言う形を取る事にしました。
ウイルスの種類一覧など、この電子申請用に作られているみたい。
手書きの申請用紙の書き方って言う詳しい説明がない為、不便なんですよねぇ~。
ネットで情報取れるぐらいだから、電子申請も出来るだろうって考えかしら???
まぁ、今回も電話対応の方が丁寧だったので良かったです。
男性だったけど、前回と同じ人かな?
たった1枚の紙を埋めるのに、疑問は沢山湧いちゃいました。
取り合えず、今回聞いたことで全てのカバー出来るからヨシとしよう。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kaiser2009canada.blog55.fc2.com/tb.php/62-0d29dcf5
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。