スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【移民申請】 移民と永住権

2008年11月03日 17:08

『カナダ ビザ』というキーワードで検索をかけた私、でも辿り着いた先には慣れない言葉。

Family Class (家族クラス)
Immigrant (移民)
Permanent resident (永住者)

カナダ市民権・移民省、CIC(Citizenship and Immigration Canada)のページをよく読むと、カナダ市民権・永住権を持つ人がスポンサーとなり、16歳以上のパートナー(配偶者だけではなく、内縁の相手、同性も可)、22歳以下の子供、両親、祖父母をカナダに呼び寄せる時は、ファミリークラスで申請を出すのだとか。
で、許可が下りた際にもらえるのは、permanent resident visa、すなわち永住権なのです。
ちょっとびっくり。
と言うか、かなりびっくり。

日本では、外国籍の人が『日本人の配偶者等』という資格で滞在している場合、3年以上住んだ時に、別途申請をして初めて永住権が得られるのです。
3年以上住んでも、申請をしなければ在留資格の更新というだけで、永住権は得られません。
なので、その違いに驚き。

カナダの永住権、5年間のうち2年以上はカナダ国内に居住しなければいけないと言う条件があり、他にもいくつか規制がありますが、カナダ市民権保持者とほぼ同等の社会的サービスが受けれるようです。
ちなみに、永住権を得たからと言って、カナダ国籍になるわけではありません。
国籍は現在のままです。
次のステップである市民権を申請と言うことになれば、国籍の問題が発生してきますがね。

と言うわけで、私は、このファミリークラスで移民となるべく申請の準備を始めることに。
そうそう、この『移民』と言う言葉にも不慣れなせいか、何だか違和感がありますよね。
自分が『移民』になるのだと思うと、何だかヘンな気がします。
きっとそれは、相方が日本で『外国人』とカテゴライズされた時のもやもや感に似てるのかなと。

さてそんな移民申請ですが、これがまた大変で、書類が沢山。
そりゃそうですよね、永住権を安売りするわけには行きませんから、国としてしっかり判断するための素材が必要になってくるのは当たり前のこと。
わかっちゃいるけれど、フクザツ。
でも何とかCICのページやその他ネットの情報を読み漁り、何をしなければいけないのかが分かってきました。
ただ、申請に必要な書類のフォームや注意事項は度々更新されるので、ネットの体験談・・・このブログも含む・・・ってのはあくまでも参考程度に読んでいます。
基本はCICのページと言うことで、相方とふたり、何度も何度も読み返した日々が続いたのでした。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kaiser2009canada.blog55.fc2.com/tb.php/5-f443e28d
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。