スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Victoria旅行 《Day 2 --- Beacon Hill Park》

2010年06月04日 00:10

街中を回ってた私たちですが、自然たっぷりの公園にも足を運びました。

2IMG_9143r.jpg

Beacon Hill Park(ビーコン・ヒル・パーク )

ダウンタウンエリアから、歩いてそれ程遠くない位置にある公園です。

2IMG_9152r.jpg

敷地内には小さな池がいくつかありました。

2IMG_9158r.jpg

柳と石の橋のせいで、日本っぽくも見えますね。
木々の向こうに、大阪城とか見えてそうな気も。
でも泳いでいるのはカナダガンなので、ちょっと間違い探し風。

そしてこんな可愛い子達も。

2IMG_9166r.jpg

春は動物界のベビーシーズンなんでしょうかねぇ~?
手前の子、まだ全身産毛で覆われてます。

2IMG_9173r.jpg

この子はだんだん毛が生え変わっているって感じですねぇ~。

ファミリーの姿もありましたよ。

2IMG_9177r.jpg

こちらのひな鳥は、ちょっと大きくなってますね。
少し近づいても、人間には慣れているのか逃げる様子はありませんでした。
が、この後先ほど泳いでいたカナダガンの群れが、陸上に上がって来ると・・・

2IMG_9180r.jpg

お父さんがひな達をくちばしでつついて、別の場所へ移動する様に催促。

2IMG_9181r.jpg

お母さんがオシリを叩くようにして、ひな達を別の場所へ誘導させてました。
その間お父さんは、その場所に残って安全を確認。

2IMG_9185r.jpg

移動後、別の場所で落ち着くお母さんと子供たち。
後でお父さんもやって来て、一緒にまた少し離れた場所に移動してました。
いやぁ~、何とも見てて感動的でしたよ~。
Kaiserと暮らし始めて、犬の習性が分かり、一つ一つの行動や泣いたり吠えたりしているのにも理由があるんだなと気づきましたが、鳥も鳥なりに、考えて行動してるんですよねぇ~。
えぇもん見たぁ~と。

えぇもんと言えば、ちょっと変わったオスのカモも。

2IMG_9188r.jpg

体が黒い子。
違う種類?の様には見えないんだけれど、こう言う色もアリなんですかね?
珍しい突然変異なんですかね?
なんだか神秘的で優雅に見えました。

で、えぇもん、も一つ!

2IMG_9194r.jpg

羽を広げているクジャク!
って、クジャクがいる事自体予想外だったんですがね。
この公園内、私たちは行ってないんですが、小さな子供動物園も併設されてて、たぶんそこで飼育されている子達だと思いますが、公園内をサファリパーク状態で普通に歩いてました。
羽を広げているクジャクって、初めて見たかも?
動物園でも中々見れませんもんねぇ~。
この写真では分かりにくいですが、ちゃんとけなげに目の前の女の子を見てるんですよ。

2IMG_9195r.jpg

光に反射してキラキラ光る青や緑がとても綺麗。
パタパタしながらダンスを披露してくれてたわけですが、肝心のターゲットは・・・

2IMG_9197r.jpg

女子たるもの、色気より食気。
鳩やカモに混じって、ばらまかれたご飯をついばんで、一向にダンスを見る様子無し。
『しつこいのよ、あの男。』とでも言いたげに、全くのシカト状態なのが、可哀想でもあり、可笑しくもあり。
男の人の方が、案外ロマンチックだったりしますしね。
と、書きながら、そう言えば私の誕生日にストロベリー・ルバーブ・クリスプを作ってもらって、美味しく食べたけど、私が相方の誕生日に私が作ったデザートは失敗で、相方一口食べてNG。
それ以来、笑って誤魔化して、作り直ししてあげてなかったのを思い出しました。
明日休みだから、もう一度ちゃんと作ってあげようっと。(笑)

2IMG_9203r.jpg

『あっちにも、おんでっ。』

そう、クジャクの男の子、もう一羽見かけたのよね。
この子は、ターゲットが周りにいないにもかかわらず、羽を広げてくれたりして、気前良かったっ。(笑)
少し速足で立ち去る後姿は、ゴージャスなドレスっぽくも見えますけどね。
で、別の場所では、同じ子か分からないけど・・・

2IMG_9219r.jpg

車道横断中。

奈良の鹿を思い出しました。ははっ、なんだかほのぼの~。

クジャクには近づけない様にしていたKaiser、人気の少ない草原に出て少し伸び伸び。

2IMG_9205r.jpg

『ひひひっ。』

2IMG_9210r.jpg

Kaiserの体高より高く伸びたタンポポ発見っ!

このままどんどん草原を突き進み、少し小高くなった丘のてっぺんに到着。

2IMG_9213r.jpg

この公園は下に見える道路を挟んで、まだまだ先の方まで続いてて、海に面しています。
海の向こうに見えている、青いエリアは山かな?
なんとその青いエリアはアメリカなんですよ~!
海上に国境線があって、向こうはアメリカのワシントン州なわけです。
ちなみに、このビクトリアのあるバンクーバー・アイランドから、船でアメリカにも行けるみたいです。
地図を見る限り、バンクーバーとの距離よりも、アメリカとの距離の方が短いぐらいです。
いつか国境越えもあるかな、Kaiちゃん。

相方のリクエストで、公園内にあるこんな記念碑も見に行きました。

2IMG_9223r.jpg

Mile 0(マイル・ゼロ)。
Trans Canada Highway(トランス・カナダ・ハイウェイ)と言うカナダ全土を駆け巡る道路の1号線、すなわち、カナダの国道1号線の出発点がここなのです。
ゼロ地点ってことですねぇ~。
やっぱりここは、カナダ人の相方がフレームインしとかなきゃねっ。

この記念碑の近くにあったのは、カナダの国民的英雄、Terry Fox(テリー・フォックス)の銅像。

2IMG_9229r.jpg

彼についてはオリンピック記事のここでも少し書いたのですが、若くして骨肉腫と言うガンを発病し、右足を切断しながらも、夢を諦めないと言う意味でカナダ横断のマラソンを決行した人物です。
残念ながら、ガンの再発の為、143日、5,373kmを走った所で、広大な国土を横断することなくマラソンを中断せざる終えなかったテリー。
東のニューファウンドランド州から出発し、彼が目指したゴールこそがこのビクトリアだったのです。

何気なく呆然としているうちに、時間が過ぎて行く毎日。
頑張っている人のことを知ると、気が引き締まると言うか、自分も頑張らなくちゃと元気や勇気をもらった気になります。
そんな引き締まった感覚、長続きしないのが残念なわけだけど・・・

と言うわけでビーコン・ヒル・パークの様子でした。
ちなみに、この近くにオフリーシュエリアもあったみたいですが、なんせ朝から歩きまくってるKaiser、そして私たち。
寄らずに引き上げちゃいました。
気の合う子と出会って、ムリして遊んじゃっても後で疲れて可哀想なので。

あっ、でも2日目の記事、もう1回分続きます。
んで、3日目で記事1つかな?
長旅じゃなかったけど、記事がいっぱい。
もう終盤なので、頑張って着いて来てくださいねっ。
・・・なんかもう1週間経って、遠い過去の様に思えて来ちゃってるんですが・・・

♪♪♪ Terryに負けず劣らずKaiserもカナダ横断中!?応援嬉しいです! ♪♪♪

blogranking-banner-canada003.jpg


♪♪♪ Thank you! Have a good day! ♪♪♪


コメント

  1. みーはは | URL | -

    Re: Victoria旅行 《Day 2 --- Beacon Hill Park》

    お久しぶりのコメントでゴメンナサイ。
    旅行の記事、ぜんぶ読みました~!
    素敵、ステキだわ。カナダ。
    海外の国の中で住むならカナダだと思ってるので
    (予定は皆無だけど)じっくり読ませていただきました。
    Kaiちゃん一緒にいろんな体験できていいね。
    フェリーに乗るのも、前に日本で乗ったことあったもんね。見たよ。
    それにしてもたくさんの写真のアップ、お疲れ様です。

  2. Vitamin Y | URL | ur6nohjs

    Re: Victoria旅行 《Day 2 --- Beacon Hill Park》

    ★みーははさん★
    こちらこそ、最近読み逃げばっかりしちゃってまぁ~す。
    ごめんなさいねぇ~。
    みーははさんもカナダ好きなんですねぇ~。
    街中にも緑が多くって、Kaiser連れのせいもあってか人々はフレンドリーで住みやすいですよ~。
    Kaiserは、私たちについて長時間歩いてくれました。
    どこに連れてこられたか、分かってないんでしょうけどねぇ~。
    写真、スクロールして沢山見て行ってくださいませ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaiser2009canada.blog55.fc2.com/tb.php/402-fe78b859
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。