スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Victoria旅行 《Day 1 --- Ramada Victoria Hotel》

2010年06月01日 00:15

えっと、6月になっちゃいましたがまだ5月のこと。
沢山写真を載せたシドニー・アイランドを楽しんだ後、バスに乗ってホテルへ。

2IMG_9265r.jpg

今回の宿泊先は、Ramada Victoria Hotel
相方も私も、なぁ~んにもない素泊まり宿に慣れてるので、最初はユースホステル系の宿を調べてたんですが、犬OKの場所がヒットせず。
お値段と相談の上、ダウンタウンからやや離れたこのホテルにしました。
今までバスタオルもシャンプーも持参の旅に慣れてるから、正直今回持って行かなくて良くて、逆になんか変な感じ。
その分小さなバックパックで出かけられて、荷物が少なくって良かった~。

2IMG_9264r.jpg

うちのアパートにもあるから、エレベーターにも乗り慣れたKaiserです。ふふっ。

2IMG_8950r.jpg

クイーンサイズのベッドが2つ。
おぉ~、一人で大の字で寝れる~と嬉しくなった私って、色気な~い。
でもねぇ、寝る時はやっぱり伸び伸び手足を伸ばしたいじゃない。
布団生活だった大阪の時は、一人ずつ掛け布団があって幸せ。
こちらに来てからベッド生活になって、お互いの寝返り打つ振動とかを感じる様になったので、改めて布団の素晴らしさを感じたのです。

2IMG_8949r.jpg

『おれには関係ない話やなっ。』

2IMG_8951r.jpg

シャワーとトイレはこんな感じ。
白が基調で清潔感がありました。

このお部屋、1泊お部屋代が67.15ドル。
こちらのホテルって、一人いくらと言う表記じゃなくて、部屋代いくらってのが普通みたいですねぇ~。
なので十分お得な値段ですよねぇ~。
お犬様は1泊10ドル。
税金が何と3種類(GST、HRT、MST)もあって、それが合計20ドルちょっと。
正直、これが一番嫌なんだけど、仕方がない。
2泊の合計で177.04ドルでした。

2IMG_8953r.jpg

無料で使えるネットにつながったパソコンもありました。
まぁ、館内に1つだから、数は少ないけど、それ程混雑してなかったしね。
プリンターもあって印刷出来るし、横に電話もあるから、観光地の問い合わせも出来ます。
カナダ全土そうだと思うけど、市内など決められた範囲内の近距離電話、いわゆるローカル・コールは無料なので、ホテル側も利便性を考えて電話を置いてくれてるんでしょうね。
そうそう、ローカル・コールが無料と分かって、やっと理解出来たのが、映画で良く出てくるティーン・エイジャーの長電話。
ベッドに寝転がって、アイスクリームとかポテトチップス食べながら、友達と会話してるシーン1度は見たことがありますよねぇ~?
『電話代かかるから、早く切りなさいっ!』と親からガミガミ言われないのかと、学生時代疑問に思ってたけど、無料ならまぁ許すわなぁ~なんて。

2IMG_8954r.jpg

『おれ、たいくつっ。』

相方が調べ物をしている間、横にあった椅子でくつろいでいた私。
観光案内のいろんなパンフレットも置かれてました。
この後ちょこっと、夜のダウンタウンを歩きに行った私たちです。

お部屋に戻ってお疲れのKaiちゃんの寝床はここ。

2IMG_8978r.jpg

私たちのベッドの間。
このキャリー、たまにしか使わないけれど、ちゃんと覚えてるみたいで、落ち着いて寝てくれます。
本当、どこに連れて行っても、ちゃんと寝てくれるので大助かり。
まぁ、ひとりでどっかに預けられたら話は別なんだろうけどね。
こうやって、キャリーで眠りについたKaiちゃん。
でもね、Kaiちゃんも私たちと一緒で、伸び伸びと寝たかったのか、夜中にはキャリーから出てカーペットの上で寝た様です。
しかも、掛け布団も欲しかったみたいで・・・

2IMG_8980r.jpg

相方のベッドに掛けてあった、毛布とキルトが引きずりおろされてた!
これを見た時大爆笑!
毛布も全てベッドの下に織り込まれてて、体が拘束される感じが気に入らなかった相方は、寝る前に自分でベッドメイキングし直してたわけですが、そのせいで毛布やキルトが動かしやすくなってたんですよねぇ~。
ゴロゴロ寝ている内に、裾の方が下に落ちて、しめしめと思ったKaiserが、どんどん引っ張ってこんなことにしたんだと思います。
相方、何度も引っ張り合いっこをして、寝てても疲れたんだとか。
そして結局負けちゃって、寒かったと言ってました。可哀想だけど、やっぱり笑える。
この写真、朝ごはんの後で、私たちが身支度をしている時のもの。
沢山歩くのが予想されてたので、少しでも多く休ませてあげようと寝かしつけたら、またこの下にもぐっちゃったのでした。

と言うわけで宿の記事。
次回はやっと2日目の出来事で~す。

♪♪♪ もぐるの大好きKaiserにポチポチ! ♪♪♪

blogranking-banner-canada003.jpg


♪♪♪ Thank you! Have a good day! ♪♪♪


コメント

  1. つるこ | URL | Xlf.8pIU

    Re: Victoria旅行 《Day 1 --- Ramada Victoria Hotel》

    毎日楽しく拝見していますよ~
    い~な~ ワンコ一緒の旅行ってまだしたことがないので、
    私も行きたいな~。
    このホテルって「チン!」いやいや電子レンジも付いてるんですか?親切だね。

    今度行く時はB&Bに宿泊してみるのはどうでしょうね。1泊朝食付きでお値段はホテルよりお手頃です。
    カナディアンの一軒家にお泊りしてみるのもいい感じですよ。
    バックパッカーさん使用の民宿レベルから ウェディングもできる豪華ペンションレベルまで
     タイプはピンいろいろですけどね。

  2. syabuママ | URL | -

    Re: Victoria旅行 《Day 1 --- Ramada Victoria Hotel》

    旅行ブログ...楽しく拝見しています。
    カイちゃんってあんなにザブザブ海に入って行けるんだね
    v-237 けっこう波もあったように見えたんだけど、骨を追ってあんなに進んでくなんてビックリ!

    Yちゃん一家は船酔いはしないの?
    フェリーでの旅を楽しんでいてうらやましかったわぁ^^

    だんなさんの毛布が下に引っ張られていて、一瞬ドロボウにでも入られたのかと思いましたよ^^;
    kaiちゃんも、のび~~っと寝たかったんだね。

  3. Vitamn Y | URL | ur6nohjs

    Re: Victoria旅行 《Day 1 --- Ramada Victoria Hotel》

    ★つるこさん★
    チン!使わなかったけど、長期滞在の時は便利だろうなぁと思いました。
    クローゼットにアイロン台とアイロンがあったのにもびっくりでした!
    B&Bも選択肢のひとつですねぇ~。今度参考にしてみまぁ~す。
    豪華ペンション・・・ショーネシーの家々を見ながらいつもそんな感じだなぁ~と思ってるんですよねぇ~。
    泊まらなくて良いから、一度そういう伝統ある家の中を見てみたいような気も。
    ハナちゃん、お泊り旅行デビューする時は教えてねぇ~。

    ★syabuママさん★
    波、結構来てました!
    あんな勇敢な・・・と言うか、食い意地の塊・・・Kaiserを見たのは初めてで、おかしいやらびっくりやら。
    船酔い、すっかり忘れてました!
    飛行機などに乗る時は念の為いつも酔い止めを飲むのに、今回は全く考えてませんでしたぁ~。
    近いというイメージが先行してたせいでしょうねぇ~。
    皆、波に飲まれることなく無事でした!
    毛布、ベッドに乗ってる部分がとても少なくて笑えます!
    2晩目はかわいそうなので、私のを少し下ろして掛けてあげました。(笑)

  4. そらッチ♪(日本スピッツ) | URL | OJj2t.l6

    こんにちは♪

    先日は大変お世話になりました。
    本日「スピッツ豆知識」を更新。
    よろしくお願い致します♪

  5. Vitamin Y | URL | ur6nohjs

    Re: Victoria旅行 《Day 1 --- Ramada Victoria Hotel》

    ★そらッチ♪(日本スピッツ)さん★
    またまた訪問ありがとうございまぁ~す。
    豆知識、面白そうですねっ。
    旅行記が落ち着いたら遊びに行かせて頂きますねぇ。
    これからもよろしくお願いします。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaiser2009canada.blog55.fc2.com/tb.php/399-e7f21a6c
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。