スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Victoria旅行 《Day 1 --- BCフェリー》

2010年05月28日 16:11

5月24日(月)から5月26(水)の2泊3日、Victoria(ビクトリア)に小旅行をして来た我が家。
その様子をお届けしますねぇ~。
長い付き合いの方は、何度も書いてるのでご存知かもしれませんが、私、話をかいつまむのが苦手です。
サラッと書けば良いのに、ダラダラと綴ってしまう・・・
と言うわけで、この旅行記も長くなることが目に見えております。
だって、今回、フェリーだけで1つの記事にしようと思ってるんですから・・・
気長にお付き合いくださいねっ。

Victoriaは私たちが住んでいる、British Columbia(ブリティッシュ・コロンビア)州の州都です。
州都なのに、州の他の地域からかけ離れたVancouver Island(バンクーバー島)にあるのが、なんだか不思議な気もしますがね。
1849年に島がイギリスの植民地になり、その時に島の首都となったビクトリア。
1866年にカナダ本土のブリティッシュ・コロンビア州と島が統合されてからも、州都としての地位を保ったと言う歴史があるみたいです。
今となっては、バンクーバー市の方が都市的には大きく成長したけれど、当時はビクトリアの方が栄えていたんでしょうね。

私たちは、バス、スカイトレイン(バンクーバーエリアを走るモノレール)、バスと乗り継ぎ、Tsawwassen(ツワッセン)と言うフェリーターミナルへ。
2時間毎に出ているフェリーに乗る為、バスの時刻表とかちゃんと調べて家を出たのに、待てど暮らせぞバスが来ないと言うハプニングに最初から遭遇した私たち。
でも、2つ目のバスの運転手さんが、乗客全員フェリーを目指していることを察して、定刻より早く出発・・・って、その定刻に間に合う様に計算して乗り遅れた人には申し訳ないんですが・・・無事に当初予定していたフェリーに乗れた私たちです。

BCフェリーに乗って約1時間半の船旅のはじまりはじまりぃ~。

2IMG_8786r.jpg

客室はねぇ~、なんか飛行場の待合エリアって感じ?
それがそのまま動いちゃってるってイメージ?
車も積めるフェリーなんですが、犬はその車と同じフロアにと書かれてました。
キャリーに乗ってない子を対象にしてるんだろうと、半ば勝手に解釈。
ウンともスンとも言わないKaiちゃんは、お子ちゃまより静かだぞ~ってことで、このまま乗船しましたが、特に注意されることはありませんでした。
乗組員さんに気づかれてなかっただけかも?

航海航路はこんな感じ。

2IMG_8795r.jpg

右上が出発点で、島々の間を縫う様に進みます。
そうそう、近くの島への小旅行なんでねぇ~、イメージとしては、大阪から淡路島に行く感覚かなぁ~なんて思ってたんですよね。
淡路島は徳島にラフティングしに行った時に、素通りしただけだけど・・・
で、島の大きさとかも似てるのかなぁ~なんて調べたら・・・
淡路島 : 592.17km²
バンクーバー・アイランド : 32,134 km2
ぜっ、全然違い過ぎっ!!!
バンクーバー・アイランド、でかっ!
じゃぁ、四国?と調べたら、四国は18,806.36km²!
四国よりデカイのかっ!
じゃぁ当然、沖縄本島の方が小さいんだよなぁと調べたら・・1,207.87km²
とりあえず、九州や北海道よりは小さいことが判明しましたが、結構大きい島だと実感したのです。
アメリカ大陸の太平洋側の島としては、一番大きいんですって。
それでも、カナダ全土の地図で比率を見てみると、小さく見えるわけで、改めてカナダの広さを思い知らされたわけです。

canada-map-political.jpg

カナダの地図、左の薄い黄色のエリアがブリティッシュ・コロンビア州なんだけど、バンクーバーアイランドは左下の長細い島ね。
Victoriaって書いてるの、分かりますかねぇ~?
ほら、国土全体の比率からすると、私が淡路島に例えちゃった意味、なんとなく分かるでしょ?
ベルギーよりちょっと大きくて、台湾よりちょっと小さいみたいです。

なんて、半ば覚書チックで旅と関係ない事を書いてますが、船に乗ってる時は全くそんなこと考えてませんでした。
ぼーーーーーーっと外を見てたのよね。

2IMG_8792r.jpg

小さな島々に見える、コテージらしき建物。
夏の避暑地として、お休みとってやって来るファミリーとかいるんだろうなぁ~と。

2IMG_8797r.jpg

ちょっとしたクルーズ気分。
そうそう、しかも運賃14ドル!
安いですよねぇ~。
この日は祝日で、バンクーバーのバスや電車の乗り継ぎ、どこまで行っても2.5ドルの日だったから、家からビクトリアまでの交通費、片道16.5ドル。
お手頃価格です~。

2IMG_8798r.jpg

この何ともない様な島の風景。
Sealがいるっ!と見つめている女性がいたので、目を凝らしてみたけれど、分かる様な分からない様な。
とりあえず写真を撮って、拡大、拡大。

2IMG_8798r2.jpg

岩の上にいました!
Seal、すなわち、オットセイ!
あんまりいい写真じゃないけど、言われてみればって感じで寝転がってるのが分かるでしょ?

フェリー全体の写真を撮ってる余裕はなく乗船しちゃったんだけど、こんな感じ。

2IMG_8803r.jpg

7フロアあって、これが一番上です。
5、6が客室で、その下が車のスペースって感じだったかな。
中にはカフェやレストラン、ちょっとしたゲームセンター、お土産物屋さんもありました。

2IMG_8806r.jpg

デッキの上は風がとっても強かったんだけど、先頭部分にはサンルームチックな囲いのある部分もあって、沢山の人でにぎわってました。
最初は立っていた私たちも、途中で席が開いたので、一番前に座って近づいてくるバンクーバーアイランドの様子を見ながらワクワク。

2IMG_8808r.jpg

白?グレイ?っぽいエリアがSwartz Bay(シュワルツ・ベイ)と言う港。

2IMG_8809r.jpg

到着でぇ~す。
家を出たのが朝の8時ちょっと過ぎ。
10時の船に乗って、到着が11時40分頃だから約3時間半。
小旅行の移動時間とすれば、いい方ですねぇ~。
まぁ、こっからビクトリア市のダウンタウンエリアまでは、またバスに乗りかなり時間がかかるのですがね。
私たちはダウンタウンに向かわずに、ビクトリア観光としてはちょっと穴場(?)な場所に寄りました。
その様子は、また次回!

♪♪♪ クルーズ気分を味わった方はポチポチ! ♪♪♪

blogranking-banner-canada003.jpg


♪♪♪ Thank you! Have a good day! ♪♪♪


コメント

  1. そらッチ♪(日本スピッツ) | URL | OJj2t.l6

    はじめまして♪

    はじめまして、こんにちは♪
    先日ブログを開設致しました。
    よろしくお願い致します。

  2. つるこ | URL | Xlf.8pIU

    Re: Victoria旅行 《Day 1 --- BCフェリー》

    すご~い、今回かなりのアドベンチャーのようですね~
    私だったらきっと PCLというバスに乗って一直線にラクしちゃうかもしれないな~。
    ビクトリア島の大きさも Yさんが調査してくれたお陰で始めて知りました。
    私もそんなに大きいとは思ってなかったし・・・。

    カイちゃんもフェリーではおとなしかったんだね。Good Boy!!
    ハナちんはまだフェリーデビューしてないので、いつか行ってみたいな。
    3連休の 最終日に出発するのも混雑を避けられてGood JOBですね。
    今後の参考にさせてもらいまっす。

    旅行記楽しみにしてま~す

  3. Vitamin Y | URL | ur6nohjs

    Re: Victoria旅行 《Day 1 --- BCフェリー》

    ★そらッチ♪(日本スピッツ)さん★
    いらっしゃいませ。
    ブログ開設おめでとうございます!
    我が子自慢、たっぷり聞かせてくださいねぇ!

    ★つるこさん★
    3日間の旅行でしたが、なんだか初日のことがもう遠い昔の様。
    島の大きさには本当びっくり。
    四国よりかなり大きいとは思ってませんでした!
    移動中のキャリーでは、なぜだか大概静かなんですよねぇ。
    フェリーの揺れも特に気にすることなく乗ってました。
    相方が今週いっぱい休みなので、平日をチョイス出来て良かったなと。
    連休最終日の朝の船だったので、客室もガラガラでしたよ!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaiser2009canada.blog55.fc2.com/tb.php/395-96fc1c24
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。