スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストロベリー・ルバーブ・パイ

2010年04月12日 11:02

先日私が英語の先生宅のパーティに行っている間、相方はパイを焼いてました。

2IMG_7290r.jpg

ストロベリー・ルバーブ・パイ。

2IMG_7301r.jpg

ルバーブと言うのは日本では聞きなれませんが、こちらでは今が旬の食べ物です。
売られている姿は、ピンク色のセロリって感じ。
ずいきにも似ていますが、別物。
要するには植物の茎の部分ですね。
今回は作る前の写真を撮り忘れたので、また機会があれば載せますね。
ちなみにルバーブの葉は毒性が強いので、食べられないんだそうです。
欧米ではジャムにしたりパイにしたり。
定番はイチゴと組み合わせるパイのようです。
数年前からいろんなパイを作ってくれている相方、日本にいる時もこのパイを作りたいと言ってましたが、ルバーブが手に入らなかったので、ずっと作れずにいたんですよね。
今回念願の新作です。
ネットでレシピを検索して、いくつか参考にしながらレシピを組み合わせて作ったのだとか。

2IMG_7451r.jpg

カットしたらこんな感じ。
春色のパイです。
あまぁ~い香りに誘われて・・・

2IMG_7412r.jpg

誰かさんもスタンバイ中。

2IMG_7416r.jpg

今回もくれくれ犬。

2IMG_7419r.jpg

こうやって頭だけ見えている姿を、我が家では『あたまちゃま』と読んでます。
『あっ、またKaiちゃん、あたまちゃまになってる~。』と言われて笑われるのでありました。
大阪時代にお布団で一緒に寝ている時は、体をすっぽり布団に隠して、頭だけが出てたりして、『あたまちゃまぁ~。あたまちゃまぁ~。』と呼ばれながら撫で回されていたKaiserです。

肝心のパイの味。
甘酸っぱくて、でも酸っぱ過ぎないで美味しかったです。
ルバーブが酸味を出すみたいですねぇ~。
フィリングもどろどろと液状化されず、少しとろみがあるぐらいで上手くまとまっててGood。
旬なうちにまた作ってねとお願いしておきました。
↑自分で作る気ナシ。(笑)

そうそう、相方は何でも良く噛んで食べる為、大概私の方が食べ終わるのが早いんです。
別に意識はしてなかったんだけれど、よほど食べ足りなさそうな顔をしていたのか、相方、自分の最後の一口を、既に食べ終わってしまっている私にくれました。
思わず、Kaiちゃんになった気がした私です。(笑)
あっ、もちろん喜んで頂きましたともっ。

ではでは、お待ちかねの新作パイ、Kaiちゃんもご試食くださいませっ。

2IMG_7423r.jpg

『準備、えぇでっ!』

この後一口でパクリと食べつくした後・・・

2IMG_7421r.jpg

良い子の皆さんはまねをしてはいけない、皿ぺろぺろ。
ディッシュ・ウォッシャー顔負けで、ピカピカになるまで磨き上げてくれたのでした。

♪♪♪ 相方のパイ作りを応援して、ポチポチ! ♪♪♪

blogranking-banner-canada003.jpg


♪♪♪ Thank you! Have a good day! ♪♪♪


コメント

  1. | URL | -

    Re: ストロベリー・ルバーブ・パイ

    ルバーブ、初めて聞きました!野菜なんですね?!
    どんなお姿なのかな~。
    ストロベリーとの組み合わせ、すてきですね♪
    すっごい食べてみたいです。
    焼きたてにバニラアイスクリームもトッピングしてりして。
    色んなバリエーションを勝手に想像してガマンです。
    Kaiちゃんうらやましいなぁ。Kaiちゃんマミーも☆
    niceです!!

  2. YR | URL | -

    Re: ストロベリー・ルバーブ・パイ

    あ、上のコメント、私(YR)です。
    名前書くの忘れてました☆

  3. Vitamn Y | URL | ur6nohjs

    Re: ストロベリー・ルバーブ・パイ

    ★YRちゃん★
    ルバーブ、こんな感じ。
    http://images.google.ca/images?q=%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%96&oe=utf-8&rls=org.mozilla:en-GB:official&client=firefox-a&um=1&ie=UTF-8&sa=N&hl=en&tab=wi
    酸味のあるストロベリージャムが中に入ったパイと言う感じです。
    バニラアイス、おいしそぉ~。
    ルバーブの時期にこちらに来ることがあれば、ぜひ相方に作らせましょうねぇ~。
    Kaiserはにおいで楽しんでいるだけで、一瞬でパクリとしてました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaiser2009canada.blog55.fc2.com/tb.php/347-d6c549fc
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。