スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人間の準備】 2008年10月後半の私達

2008年11月02日 20:19

2008年10月後半、私達の転機がやって来ました。
その様子を思い出しつつ、記録してみましょう。

2008/10/14 
1カナダドル100円台だったのが急に90円台に。
将来的にカナダに行くことはあるだろうから、お買い得な時に買っておこうと、香港上海銀行(HSBC)のMoneyportと言う外貨宅配サービスを使って、ドルを買う。
為替レート : 1CAD = 94.10JPY
交換金額 : 99,746JPY = 1,060CAD
この時点では特に引越しを考えていない。

2008/10/19の週
◆ドルがもっともっとお買い得に。もっともっと買うべきか悩む。
◆相方から、『ウィスラーってどう?』みたいなコメントを受け、どんな所か調べ始める。
2010年には冬季オリンピックの舞台になる、アウトドアアクティビティの盛んなところ。
魅力的だぁ~と思い始める。
で、漠然と2人、カナダに住むなら・・・と考え始め、10年前に買ったカナダのガイドブックを引っ張り出して来て読み漁る。
◆2人共、日に日に本気モード。
トロント周辺に住み飽きたと言う相方、日本以外で生活をしたことがない私。
そんな2人がスタートしやすい場所は、日本人も沢山住んでいるバンクーバーかなぁと。
と言うわけで、バンクーバーに住もうかと、意外ととんとん拍子で決定。

2008/10/24
私のビザって?そう思ってネット検索。
カナダ市民権・移民省、Citizenship and Immigration Canada(通称CIC)のページに辿りつく。
ややこしい説明を頭ガンガンさせながら読みまくり、どうやら私の場合、Family Class(家族クラス)として申請するらしいと言うことが分かる。
とりあえず該当のページを全部印刷。
帰宅した相方に助けを求める。

2008/10/26の週
カナダ行きの気持ちも固まったし、レートのいいうちにカナダドルを買っておこうとその方法を探る。
Moneyportは1ヶ月1人50万円まで。
悩んだ結果、ゆうちょの国際送金で相方のお父さん宛にお金を送ることに。
でも、肝心なお金、銀行のATMに引き出し制限額があるなんて知らず、数日間かけて希望額を下ろす。
・・・だって今までそんな大金引き下ろそうとすら思ってなかったんですもの。

2008/10/31
昼間に時間のあった相方が、郵便局に手続きへ。
大金を持った外国人であった為怪しまれたのか、誰に何の目的で送るのか・・・これは送金用紙に記載したにもかかわらず・・・とか、お金を送ることを他の人は知っているのかとか、仕事は何をしているのだとか、いろいろ不信感に満ちた質問を浴びせられ、1時間ぐらいしてやっと実際の送金をしてくれたのだとか。
カナダで私が同じような目にあったら、承知しないと言ってました。
この週レートにハラハラさせられていたんですが、1CAD = 82.21JPYで手続きできたので、ほっ。
住所宛の為替証書の送付で、送金手数料は2,500円でした。
お父さんのところに到着するのに1ヶ月ほどかかりますが、まぁ急いでないからね。

と言うわけで、半月の間に、なんとなくカナダ行きを決定。
一番のネックなのは私の移民手続きで、申請から半年ぐらいはかかっちゃうらしいと言うことが判明。
引っ越すなら寒い時期は避けたい、出来れば夏か秋ぐらいがいいなと思っているので、逆算するとすぐにでも申請の手続きをスタートしなくちゃいけないと言うことも分かり、11月に入って具体的に動き始めた私達でございました。

オマケ写真、その1。

5DSCF9672r.jpg

『おれの、こづかい。』

Moneyportで両替したお金。
いろいろ撮影に協力してくれたKaiserに、お駄賃5ドル。
何の撮影かって?それは過去のブログ記事を、コチラからどうぞ。

オマケ写真、その2。

6DSCF0087r.jpg

『軍資金やでっ!』

これが海外送金したお金です。
こんな札束を実際に手にしたことはなかったので、写真撮っちゃいました。
もっとキレイに扇形に並べれば良かったのですが、Kaiserが引き気味だったので・・・
早く無事に届きますように~。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kaiser2009canada.blog55.fc2.com/tb.php/3-c4a86c25
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。