スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリンピック・カーリング観戦 2月18日 日本vs中国

2010年02月20日 14:01

2IMG_5769r.jpg

バンクーバー時間の2月18日木曜日、午後2時から行われた女子カーリングの試合を、生で見て来ました。
会場は、以前遊びに行ったことのある、クイーン・エリザベスパークの近くです。
過去のこの記事で、紹介した建物です。

バスを利用して会場近くの駅に行き、相方と待ち合わせしてたんですが、駅前、すごい人でした。
私たちが見た試合の前に、男子の試合が行われてて、その帰りの人が電車に乗る為に長蛇の列を作ってました。
ボランティアの道案内の方の指示に従って、会場まで歩いて行くと・・・

2IMG_5775r.jpg

遠くからでも目立つ看板発見。

2IMG_5880r.jpg

こんな感じです。

2IMG_5774r.jpg

会場敷地内に入る為の列。
結構長かったけれど、入り口が複数あったので、スイスイと進めました。
カナダのチームも出場と言うことで、カナディアンカラーの赤い服を着ている人が目立ちました。
競技違いだけど、赤ってことでカナダチームのホッケージャージを着てる人が多かったかな。

2IMG_5776r.jpg

各入り口ブースでは、空港で見かける金属探知ゲートと、持ち物用のX線スキャナーが!
1月頭にホッケーの試合を見に行った時は、カバンの中を係員に見せるだけの検査だったので、そんな感じかなぁ~と思ってたけど、流石オリンピック、警備体制万全です。
1998年の長野オリンピックの時、ノルディック複合のジャンプを見に行ったことがあるのですが、その時は国際大会といえど、ここまで厳重じゃなかった記憶が。
やっぱり近年のテロの影響でしょうね。
雨も降ってないのに、この辺りの地面がぬれていたのですが、開封後の飲み物等、液体の持ち込みも禁止されてたみたいで、持ってる方はここで地面に流す様にと支持されてました。
確か空港では、液体の成分を検査する機械みたいなのがあったと思うけど、流石にそんな機械の導入にまでは至ってなかったみたいです。
幸い私の持ってた水のボトル、開封前だったので、処分は免れました。

2IMG_5788r.jpg

入り口を振り返ると、青い空に雪山。
中々綺麗。
この日も日中は暖かかったんですよねぇ~。

2IMG_5778r.jpg

ジャケット脱いでちょうどいいぐらい。
私もこの時に買ったオリンピックグッズのジップアップパーカーを着て行きました!

2IMG_5783r.jpg

リンクに辿り着くまでの間、マスコットに遭遇。
横手にも楽器を持ったグループがいて、会場に入る前の人々を楽しませてくれてました。
チケットに書かれたバーコードをスキャンしてもらって、会場内へ。
ハイテクですよねぇ~。
ホッケーの試合でも、映画を見に行った時も、同じ様にチケットは手で切り取るわけではなく、スキャン式でした。
日本も最近こんな感じですか~?
そう言えば日本では、あんまりスポーツ観戦や映画に行ってなかったから、良く分からなかったりする私です。

2IMG_5789r.jpg

公式オリンピックグッズや、ピザ、ホットドッグ等の軽食、飲み物のブースがありました。
この場所はリンクの外に作られた仮設テントで、オリンピック終了後には取り払われるんでは?
と言うのが相方の想像。
終わってしばらくしてから、また実に来なきゃねっ。

2IMG_5790r.jpg

カーリングカナダチーム、男女の写真。
他のスポーツ選手の写真などもあって、ちゃんと見ていないけど、売り物?オークション?って感じでした。
さてさて、ではリンク内へ。

2IMG_5806r.jpg

全体像はこんな感じ。
Vancouver 2010と書かれた水色の文字の下、緑色の辺りに、各国の報道陣と思しき人々がいました。

2IMG_5797r.jpg

日本の国旗も沢山。
応援団の方でしょうかね?
テレビ中継でもこの旗を毎日の様に見かけます。
私たちはこの国旗の向かい側に座ってました。

2IMG_5802r.jpg

本番前に順番に練習。
この時は敵チーム中国の練習中で、日本選手は並んで相手の様子を真剣な表情で見入ってました。
左から順番に、阿部晋也コーチ、目黒萌絵選手、山浦麻葉選手、近江谷杏菜選手、本橋麻里選手、石崎琴美選手。
クリスタル・ジャパンと言う新しい愛称がついた、チーム青森のメンバーです!
カーリングの主要ルールは知ってたのですが、時間制限があるなんて知りませんでした。
スコアボードの左側、73分と言うのが各チームのトータル持ち時間です。
将棋みたい!と思っちゃったけど、カーリング自体、氷上のチェスとも呼ばれてるんですってね。
相手の動きを読みながらの勝負ですもんね。

各国選手の練習も終わり、いよいよ試合開始。
・・・の前に、カーリングの発祥の地がスコットランドと言うこともあってか、同じくスコットランドの伝統音楽、バグパイプで開幕式みたいなのが行われました。
観客も全員起立して演奏を聴きます。

2IMG_5811r.jpg

さあ、いよいよ試合開始。
4レーンあって、8チームが一斉に試合を開始します。
日本チームはBレーンで中国との対戦。
私たちは前から8列目に座ってたのですが、ちょうど日本が見やすい角度でした。

2IMG_5816r.jpg

テレビで見てると、試合進行が他の競技に比べてスローな感じがあり、退屈感が否めなかったりもしますが、やっぱり生で見ると楽しいですね~。
4レーンあるので、中心で見ているチームが作戦を練ってて、レーンに動きがないなと思える時も、他のチームの試合の様子を見て過ごせるので、私の様などちらかと言うとせっかちタイプの人でも、生だと十分楽しめます。

2IMG_5832r.jpg

実際見に行って分かったのは、左右のスタート地点、エンド毎に交代するんだなぁと言うこと。
確かに一つの方向にストーンが集まってるので、効率的で当たり前なことですよね。
私たちの席は、会場の結構端の方だったんだけど、サイドが毎回変わるので、ストーンを投げる場面も、投げたストーンが落ち着く様子も見れて良かったです。

2IMG_5835r.jpg

テレビで見てると、マイクを通して声が聞こえて、どんな動きをするのかが良く分かるのですが、実際見てると声は聞こえず。
あそこかな?ああするのかな?
等と、想像しながら見るのもまた違った面白さがありました。

2IMG_5843r.jpg

チーム皆で頑張るクリスタル・ジャパン!

2IMG_5856r.jpg

左にいるキャプテンの目黒選手、彼女がブラシで指している辺りを目指して、ストーンの動きをコントロール中です。
中国チームに常にリードされてしまい、追いかける立場と言う好ましくない展開。
中国、いいショットだなぁ~と感心させられるところもあり、日本側にミスショットかなと思える面もあり、見ていて悔しい思いもありましたが、一生懸命頑張っている姿に熱い思いで応援。
日本人の観客も結構いた様で、場内からは『頑張れ日本!』と叫び声が上がることも多々ありました。

2IMG_5867r.jpg

5対9で敗れてしまった1次リーグ第3戦、握手で終了。
本領は発揮出来ませんでしたが、オリンピックと言う最高の大舞台で頑張るクリスタル・ジャパンの姿を、同じ場内で応援することが出来て、とてもいい時間が過ごせました。
翌日の強豪イギリスとの試合には、9エンドで5得点を獲得し、11対4の大差で相手に最終の10エンドを諦めさせると言う勝利を収めてくれましたもんね。
2勝2敗で現在10チーム中5位のクリスタル・ジャパン!
上位4位が次に進めるので、これからも頑張って欲しいです。

さてさて、カナダの試合も行われてたわけですが・・・

2IMG_5799r.jpg

こちらは練習中の様子。
Carolyn Darbyshire選手のリンクに張り付きそうな低い姿勢に、見入ってしまいました。

2IMG_5854r.jpg

カナダは男女共にカーリングではいつも上位にランキング。

2IMG_5864r.jpg

選手は皆、カルガリー・カーリング・クラブにに所属しているみたいですねぇ~。
やっぱり、常日頃のチームとしてのバランスが重要なので、どこの国もチーム単位でオリンピックに出場するのかな?
ドイツとの試合、同点で10エンドを終え、延長戦の11エンドに持ち込みました。

2IMG_5873r.jpg

最後の最後に見事なショットを決め、6対5で勝利したカナダチームです。

カーリングって、決して派手なスポーツではないのですが、オリンピックと言うこともあってか、応援も賑やかでした。
大きな声で"Go Canada Go!!!"との声も上がり、場内足踏みして応援する場面も。
いつもは静かなカーリングの試合、集中力が必要なので、選手としてはテニスの試合の様な静寂さが好ましかったりもするみたいですが、頑張って戦ってましたね。

2IMG_5858r.jpg

ウエーブが起こる場面もありました。
私も何度も立ち上がり、両手を挙げて参加しましたとも!

競技に直接関係ないけれど、デンマークチームのスカート姿、可愛かった!

2IMG_5825r.jpg

どの国のプレイヤーの方々も、皆綺麗で可愛くって、地味なイメージのカーリングが輝かしくも思えたりしたのでした。

2IMG_5878r.jpg

最終スコアはこの通り。
もっとしっかりスコアボードを撮りたかったけど、直ぐに表示が変わっちゃったり、帰る人々の頭がぽこぽこしてて、これがベストショットなのでございます。
Cレーンのロシアは、イギリスに大差をつけられたので、8エンドでギブアップした為、こう言う表示になってます。

カーリング、結果の良し悪しに関係なく、たっぷり堪能出来ました。
実際見てみると、競技や選手が今までよりもぐんと身近に感じられて、帰って来てからはテレビ放送も今までと違った見方で楽しんでおります。
長丁場の試合、日本もカナダも、それぞれの実力を出し切って、頑張って欲しいと思います!
私にとっては、長野に続く2回目のオリンピック観戦、貴重な体験となりました!いぇいっ!

♪♪♪ Kaiser写真はありませんがクリック応援嬉しいです!2ポチねっ! ♪♪♪

blogranking-banner-canada003.jpg


♪♪♪ Thank you! Have a good day! ♪♪♪


コメント

  1. tomo | URL | -

    Re: オリンピック・カーリング観戦 2月18日 日本vs中国

    わぁ・・・観戦されたんですねぇ~!
    私も雰囲気味わってみたいなぁ。
    カーリングのTVでよく見る選手達の顔が
    こちらで写真で見れて、それだけでちょっとワクワクしちゃいました♪

    ↓ 桜とってもきれいですね!!

  2. Vitamin Y | URL | ur6nohjs

    Re: オリンピック・カーリング観戦 2月18日 日本vs中国

    ★tomoさん★
    チーム青森と言う名前に聞き覚えがあっても、選手の名前すら知らない私でしたが、今回ちゃんと予習しました!
    帰って来てテレビで彼女達を見ると、『おぉ~っ。』と盛り上がっちゃいますねぇ~。
    桜、見事にあちこち咲いてます!

  3. オレンジ | URL | -

    Re: オリンピック・カーリング観戦 2月18日 日本vs中国

    朝の用意に、カーリングの試合に、どこかでVitamin Y さん達が映らないかって、
    朝の忙しさが3倍になってました(笑)
    私も違った意味で、楽しみました♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaiser2009canada.blog55.fc2.com/tb.php/294-2042964a
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。