スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【移民申請】 気の早い涙

2009年03月27日 23:58

パスポートを送ったばっかりですが、もうすっかりVISAをもらう気満々。
E-CASチェックは毎日やっても仕方がないと分かったので、諦め。
前向き思考で、今日はCICのページで"Live in Canada(カナダでの生活)"ってとこをポチッとして、"Before You Arrive(到着前)"と"After You Arrive(到着後)"ってページで気になるところをちょこちょこと読みました。
でね、 "Before You Arrive"の最初の最初、"Welcome to Canada: What you should know"ってとこのページの文章を読んでいたら、ちょっと涙がこみ上げてきました。
大泣きしたわけじゃないけれど、うるっとね。

文章がねぇ~、とっても優しいんです。
歓待に満ち溢れていて、なんと言うか、外国人としての疎外感を全く感じさせない感じ。
要約すると・・・
『他の国に移り住むと言うことは、大きな飛躍であると同時にとても勇気のいること。良くやったね。おめでとう。最初はいろいろつらいこともあるだろうけど、皆応援して、手助けするから心配はいらないよ。一緒に良い暮らしを作っていこう。』
・・・って感じ。

最後の、"This is your new home. Welcome to Canada!"ってところで、うるうるが最大になっちゃいました。
『ここはあなたの新しい家。ようこそ、カナダへ!』って。
あぁ~、なんかこうやって記事を書いている今も、うるっとしちゃいます。
オイオイ、私、まだ早いよぉ~と自分に言い聞かせながら。
今からこんなんだったら、本番のランディングの時、事務手続きが終わって、オフィサーに"Welcome to Canada!"なんて言われたら、泣いちゃうよぉ~なんて想像までしちゃいました。
・・・いや、意外とその頃には、感情の予行練習し過ぎで、逆に涙が出ないかもっ?

私を感動させた本文はコチラ
この文章は改定されるのかな?
私が読んだのは、2007年12月12日付けのものですが、ずっとこのままでいて欲しいな。

と言うわけで、気の早い涙がこみ上げてきた私です。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kaiser2009canada.blog55.fc2.com/tb.php/23-1ed4a339
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。