スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gastown(ガスタウン)

2009年12月04日 11:54

12月1日火曜日も晴れ!
この日は公園散歩ではなく、バンクーバーの観光スポットに出かけてみました。
まず向かったのは、Gastown(ガスタウン)

2IMG_0928r.jpg

ここをくぐった辺りからが、ガスタウン。

2IMG_0931r.jpg

石畳の歩道や、まあるい街燈があったりして、ヨーロッパ風です。

1977年に建てられたという、Steam Clock(スチームクロック)、すなわち、蒸気で動いている時計。

2IMG_0942r.jpg

ガスタウンのシンボルとなってます。
Kaiちゃんも一緒に記念撮影!
なんか茶色いレンガとビーグルって似合いますよねぇ~。
やっぱりヨーロッパの犬だなっ。(笑)

2IMG_0995r.jpg

このストリートはおみやげ物屋さんやレストランなどが立ち並んでますが、どれも19世紀の建物をそのまま使ってて、中々雰囲気があります。

2IMG_0955r.jpg

この銅像は、Gassy Jack(ギャシー・ジャック)さん。
なんやあの飲んだくれのオヤジみたいな銅像は?と、興味津々で近づいていった私、びっくりしましたぁ~。
ガスタウンって、この方の名前に由来するんですってねぇ~。
↑全く観光ガイドなど読まずにやって来た人。
いや、この日まで、ガスタウンって、電気・水道・ガスとかのガスと思ってました!
違うんですってよっ!
あの時計のことも知ってたけれど、スチーム・クロックだとは知らず、ガスで動いてるのだと思ってた!
とんだ勘違いでしたぁ~。
このギャシーさん、1867年にこの地に上陸し、お酒好きと言うこともあって酒場を開いたのだとか。
近くには製材所があったりして、そこで働く男達がこの酒場に集まりワイワイ。
ギャシーの町ってことで、Gassy's Town(ギャシーズ・タウン)と呼ばれるようになり、それを縮めて、Gastown(ガスタウン)と言う愛称がついたんですって!
後にゴールドラッシュの流れに乗って、ホテルやバーなども立ち並ぶようになり、この地からバンクーバーが栄えていったんだとか。
ほぉ~、ただの酒飲みとは違ったんですねぇ~、このお方!

と、この銅像を見つめるも束の間、それより気になったのは、この後ろにあったお店。
どうやら西部劇とかに出てきそうな、ウエスタンな洋服などを扱ってると見えましたが・・・中に入ってませんが・・・その外にあった、人形。
見た瞬間からひらめいたことは・・・

2IMG_0956r.jpg

むほほほほっ!
Kaiちゃんの新しいご主人様?
いやぁ~、この手の感じが目に入った時から、こうやって写真を撮りたいなと思っちゃったのよね。
ふふふっ。Kaiちゃんご協力ありがとう!

さてさて、この銅像の正面にあったのはこんな建物。

2IMG_0959r.jpg

右の茶色い建物、バンクーバーで一番狭い建物らしいです。
記念にパチリ。

6DSCF8686r.jpg

道の分岐点みたいな所に立てられてて、その敷地の形に合わせてるものだから、三角っぽいけれど、この場所から見たら、窓1つ分の幅ってことですもんねぇ~。
中、どうなってるんだろう?
ちなみに相方、7年前に来た時にここで写真を撮ってて、私も見たことがあったので、遠くから見えた時は、『写真の場所だ!』と、指差してしまいました!

他の場所もうろうろして、3時の時計の音を聞こうとやって来たら・・・

2IMG_0997r.jpg

なぜか鳴らなかった・・・
私はまぁいいかなぁ~と思ってたんだけど、相方は蒸気が噴出す所が見たかったらしく、デジカメで動画を撮ろうと構えてたのにねぇ~。
まぁ、今回は観光をしたわけだけど、バンクーバーに住んでるわけだし、またの機会に見ることにしましょう。

ってことでガスタウンのレポートでした。
この日他にも行った場所があるので、次の記事でアップしますね。

♪♪♪ 歴史の街散策にポチポチ! ♪♪♪

blogranking-banner-canada003.jpg


♪♪♪ Thank you! Have a good day! ♪♪♪


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kaiser2009canada.blog55.fc2.com/tb.php/184-834030ee
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。