スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【移民申請】 証明写真

2008年11月16日 20:28

顔から肩まで写真の中央に写っている事
背景は白
全て同じ写真
6ヶ月以内に撮影されたもの
写真サイズ:縦45mm x 横35mm
顔のサイズ(頭頂部から顎):25mm~35mm
健康診断用:4枚(場合によって5枚要請されることもあり)
申請書類用:9枚

Appendix BのPhoto Specificationsには、パスポート写真とは規定が違っていると書かれていますが、現行の日本用のパスポート写真とはほぼ同じサイズです。
正確には、写真の仕上がりサイズは同じ、顔のサイズは日本のパスポートでは、32mm~36mmとなっているのと、頭頂部より上の余白が2mm~6mmとなっている為、このバランスで撮ると肩がしっかり写らないのかなと。
このAppendix AのDocument Checklistにはrecent photos(最近の写真)と書かれているだけで、写真の詳細を説明しているはずのAppendix Bにも具体的に『最近』の定義が書かれていません。
でも、The immigrant’s guide (IMM 3999)のMedical instructionsの項目に、検診日からさかのぼって6ヶ月以内に撮影されたものを提出するようにとあるので、まぁそんなとこですね。
この6ヶ月って日本の証明写真もだいたいそうだけれど、世界基準なのかな?

さてさて、合計13枚の証明写真、どこで撮るかってのが大問題。
移民にお金がかかるのは段々分かってきたけれど、なるべくならば出費を抑えたい。
で、考えたのがスピード写真。
普通に撮影したら、13枚も同じ写真は出来ないわけで、何度か撮り直しするとCICの規定に外れそうで。
ほらお役所仕事だから、ちょっとの差も許さないかもしれないじゃない?
そんなリスクは犯したくないし。

でも、私が撮ったのは、スピード写真。
45mmx36mm、6枚セットで700円と言う機械が近くのショッピングモールにあったので、まずそれで撮影。
これをそのショッピングモールの写真屋さんに持っていって、写真から焼き増しをってことで2組作ってもらいました。
焼き増し葉書サイズで1枚270円。機械で撮り直すより安いしっ!
証明写真合計18枚で1240円。
色味は弱冠違っていますが、同じネガから発生した写真に違いありません!
この写真屋さんで、まともに証明写真を13枚撮ってもらおうとすると、1500円で2枚の焼き増し1枚につき350円なので、合計で5,350円なんですよ~!
4,110円のお得なりっ。
写真の大きさが規定より横1mm大きかったので、丁寧にカット。
1mmぐらいなら、顔の位置が中央からそれているってわけでもありません。

そうそう、ちょっと苦労したのが、顔の大きさ。
スピード写真の機械に実物大の仕上がり写真が貼ってて、そのモデルさんの顔を測ってってみたんですが、25mmに足りるか足りないか。
↑しっかり物差し持参で撮影に挑んだ人。
と言うわけで、固定された椅子に座らず、手前に中腰になって撮影したのでございます。
お陰でサイズは30mmちょい超えぐらいに出来ました。
椅子に座っていれば、レフ板効果で綺麗に撮れるはずが、ちょっと陰りのある顔になってしまったけどね。
以前同じ機械でパスポート用の写真を撮った時は、バッチリ美白だったのにな・・・
あっ、でも、焼き増しした写真の方が、ちょっぴり色が薄めでいい感じなのよねっ。(笑)
表情にもやや堅い気がするけれど、まぁ自分以外の人が見た時はフツーの顔だと思うので、それを提出することにしたのでございます。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。