スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリンピック選手村は今・・・

2010年07月17日 12:15

先週、チャールソン・パークに行った後、そこからそれ程遠くもない、オリンピックの選手村があった場所に行ってみました。
オリンピックの開幕前に行った時は、こんな感じで敷地内に入れなかったのですが、今は街の一部として、自由に行き来が出来ます。



不思議な公園。
このパイプの横にボタンがあって、それを押すと水が流れる仕組み。
子供たちが水遊びを出来る様になってるんですが、この時は水が流れてなかったんですけどね。
奥に写ってるジャングルジムも、モノトーンカラーでなんだか近代的と言うか何と言うか。
オブジェの延長みたいな感じでした。



この左側の、錆びれた土管のトンネルも面白いけど、なんか変な感じ。
色合いが落ち着き過ぎてるからでしょうかねぇ~。
やっぱり、子供の遊具とかは、赤や黄色のカラフルな方が元気があっていいなぁ~なんて思ったり。

3IMG_0896r.jpg

選手の宿泊先として使われていたコンドミニアム。
入居者募集中らしいですが、お値段がびっくりするほど高いらしいです。
いわゆる億ションってヤツですかねぇ~。

3IMG_0897r.jpg

もう購入されている物件もあるみたいですが、ほとんどがら空き。
未来的な街並みと言うか、生活臭が全くしないというか、ある意味、歩いていてヘンな怖さがありました。
人工的過ぎると言うか、整い過ぎていると言うか。
帰って写真を見て思ったのが、緑の少なさが原因かもねぇ~と。
バンクーバー、本当普通の通りでもとても緑が豊かで、街中にも大きな木々が並んでるんですが、この辺りに植えられているのは、まだ若くて背の低い苗木ぐらいなので、近代的な建物の冷たさが目立ってたんだなと。

3IMG_0899r.jpg

長いリムジンの直ぐ後ろに、2人乗りのスマート!
この対比が面白かったので、相方がパチリ。
ってか、リムジンで物件見に来るってすごくないですかっ!?

3IMG_0900r.jpg

こちらでは、建物にデカデカと住所が書かれてたりするんですが、これ、面白かった。
Athletes Way、すなわち、選手通りって名前の道が出来てたんですよ~。

ちょっと歩いたら・・・

3IMG_0904r.jpg

海も見えたりして、立地条件はいいですねぇ~。
真っ白な面白ベンチもあったりしてねっ。
ここに座って・・・と言うか、寝て、日焼けとか楽しめるよ~って事でしょうねぇ~、この造り。
海の向こうに見えてる、ミラーボールみたいなのは、サイエンス・ワールドと呼ばれる科学博物館ねっ。
あっ、この写真でKaiちゃんをここに乗っけて写真を撮ったのは、相方です。
たまに遊び心が湧くみたい。(笑)

他にも・・・

3IMG_0905r.jpg

右側の白いドームが、地元ホッケーチーム、カナックスのアイスリンク。
で、写真の真ん中より左側に、クレーンが伸びてるの、分かりますか?
オレンジ色の垂れ幕がいくつかしてある場所。
あれがねぇ~、オリンピックの開閉式典が行われたドームなんですよ。
えっ、ドームはどこかって?
今ねぇ~、改修中。
なんでも、開閉式ドームにするらしいです。
その話は以前から聞いてて、オリンピックの為にするのかなぁ~と思ったら、なんとその後。
詳しい事は知らないけれど、予算が間に合わなかったのかしら?なんて思ったり。
出来上がった姿、機会があればアップしますねっ。
まだまだ先だろうけど・・・

3IMG_0906r.jpg

こうして見ると、中々いい場所の様に思えて来ましたねぇ~。
スーパーやドラッグストアもそのうちオープンするらしいから、便利は良くなるんでしょうけどね。
・・・私たちには手が届かないけれども・・・

まぁ、こうやって散歩して楽しめば良いよねっ。

3IMG_0909r.jpg

メイプルリーフに、先住民アートが施された物があったのでパチリ。
ちょっと控えめな場所にあったけど、可愛いデザイン。
トーテムポール等の顔もそうだけど、ユニークで愛嬌があって、こちらに来てからすっかりカナダ先住民のアートのファンになりました。

で、今回、この場所で一番びっくりしたのが・・・

3IMG_0910r.jpg

すずめ~!!!
巨大すずめ~!!!

なんでデカイの?
なんですずめ?
なんで?

しかも・・・

3IMG_0916r.jpg

2羽いました。

引きで見るとこんな感じ。

3IMG_0918r.jpg

おかしいやろっ!?

↑ずっと、こんな事を言いながら、写真パチパチしていた私です。
でも、ほんま、なんで庶民的なすずめ?

あっ、もう1羽の子とも一緒に記念写真・・・

3IMG_0913r.jpg

Kaiちゃん、すずめの涙だわっ。(笑)
こっちに来てからは、そう言えば道端ですずめを見ることがないけれど・・・木々に止まって食事がまかなえてるみたいなので・・・大阪時代にKaiちゃんが追いかけまくったから、大きくなって復讐にやって来たとか?

ちょっと調べた所によると、このすずめ、高さが15フィート(約4.57メートル)なんですって。
で、男女らしい。
すずめの喉元は、年齢と共に黒い色が増してくるらしい。
ってことで、最初の子が若くて、2羽目の子が年上。
そういや、顔も最初の子は幼い感じっ。
Myfanwy MacLeodさんの作品らしい。
この横の選手のトレーニング施設とかがあった建物は、コミュニティーセンターとして生まれ変わり、この場所は住民の憩いの場になるらしい。
以上、調査終了。

3IMG_0914r.jpg

『えっと、おやつのオーダー、早くお願いしますっ。』

ってか、Kaiちゃん、何気に可愛いしっ。

ちなみに、ここに座らせたのも相方です。(笑)

3IMG_0915r.jpg

『注文、来るの、遅いやんけっ。』

悪態をつく、すずめの涙。

あの、ここ、カフェでも何でもありませんからっ。
かぁちゃん、雇われてませんからっ。
・・・でも。この写真のKaiちゃん、見たことない感じで好きっ。
相方の手に、オヤツが隠されてるんじゃないかと、におっているんだと思います。

まぁ、そんなこんなで、新しい街並みを見学して来た私たちでした。

3IMG_0921r.jpg

元来た公園エリアに戻って、この後は、Kaiserも入れるホームセンター、カナディアン・タイヤでちょこっとお買い物して帰りました。

♪♪♪ 巨大すずめに負けない様、Kaiserに応援のポチポチ! ♪♪♪

blogranking-banner-canada003.jpg


♪♪♪ Thank you! Have a good day! ♪♪♪
スポンサーサイト

パラリンピック

2010年03月12日 00:25

今朝は雪が降っていたみたいです。
起きてベランダから外を見たら、屋根や車に雪がうっすら積もってました!
日本もここ数日寒かったんですよねっ?
日本で天気予報を見ていると、雲が沖縄、九州辺りから、北海道の方へ流れて行きますよね?
バンクーバーはそのもっと延長線上にあるわけで、きっと日本で雪を降らせた雲が、こっちに来たのかなっなんて。
今週は日本も雨が多かったようですが、こちらも雨が降ってましたしねっ。

さてさて、雨雲も散って、青空が垣間見れるようになったお昼過ぎ、Kaiserとお散歩へ。
ダウンタウンをぶらぶらしていたら、パラリンピックに出場される、日本選手を発見しましたぁ~。
胸にJAPANと書かれたユニホームを着てらっしゃったので、なんだか嬉しくなって声をかけてしまった私です。

2IMG_6476r.jpg

アイススレッジホッケーのゴーリー、馬島誠選手。
ご実家にもビーグルがいるとのこと。
Kaiser、すごく嬉しそうに飛びついてました!

2IMG_6477r.jpg

信号待ちをしている車椅子の男性3名も、日本のユニフォーム。
流石に横断歩道ですれ違い際にお話しするのは危ないので、『頑張ってくださ~いっ!』と一言だけかけて通りました。
家に帰って写真を拡大して、選手名簿とにらめっこ。
この3方も、同じくアイススレッジホッケーの選手の様です。
左から、遠藤隆行選手、福島忍選手、矢口敦也選手と言う事が判明しました。
名前、あってると思うけど、違ってたらすいません。
他にも日本のユニフォームを着た人を見かけたので、声をかけてしまった私です。

開催を翌日に控えて、ロブソンスクエアでは市長さんがスピーチをしていた様です。

2IMG_6479r.jpg

たぶんこの下の、半地下になっている辺りでしゃべってたんだと思いますが、沢山の人で良く見えず・・・
スクリーンでちょっとだけ見物。
この近くでは・・・

2IMG_6480r.jpg

車椅子カーリングのミニチュア版(?)が体験出来るコーナーもありました。

2IMG_6481r.jpg

一部歩行者天国上の場所も健在。
スポンサーのコカコーラとロイヤルバンクがブースを出してました。
ロイヤルバンクの所では、聖火の棒(?)を持って記念撮影が出来るとのことで、並んでる方もいましたよ。

ところで、パラリンピックのパラって何だろうと思った方、いらっしゃいませんか?
私も前々から気になりつつ、調べたことはなかったのですが、今回良いきっかけなのでネットでチェック。
Wikipediaによると・・・(以下ココから抜粋)
「パラリンピック」(Paralympic)の名称は、半身の不随(paraplegic)+オリンピック(Olympic)の造語だが、半身不随者以外も参加するようになったため、1985年から、平行(Parallel)+オリンピック(Olympic)で、「もう一つのオリンピック」と解釈することになった。
・・・とのことです。
ほぉ~。
ちなみに、ソウルオリンピック以後、オリンピックと同じ場所で開催されることが義務付けられたらしいです。
ソウルは1988年。
たぶん私がオリンピックを最初に意識して見たのが、この時だったんじゃないかなぁ~?
時差もないから、開会式とか楽しめたしね。
調べて見てびっくり、同じ年の冬にはカナダのカルガリーで冬季オリンピックが開かれてたんです!
1994年のリルハンメルから、夏冬2年おきの開催になったんだって!
昔からそうだと思ってましたぁ~。

今回オリンピック、パラリンピックのホスト・シティーに住んでいると言うことで、いろいろな知識が増えたり、楽しみが増えたり。
パラリンピックの日本選手団にも会えて、とっても嬉しいです!活躍を祈ってます!

♪♪♪ ガンバレ日本!Kaiserへの応援も1日2クリックお願いねっ! ♪♪♪

blogranking-banner-canada003.jpg


♪♪♪ Thank you! Have a good day! ♪♪♪

オリンピック街中レポ ④

2010年03月02日 04:01

2月28日日曜日、オリンピック最終日のお昼過ぎから、カナダ人が最も注目している試合が開始されました。
それはアイスホッケー男子の決勝。
しかも、永遠のライバルであるアメリカとの戦い。
予選リーグでは、アメリカに負けてしまってたと言うこともあり、ハラハラドキドキ、緊張感のみなぎった一戦でした。
カナダが先制点を入れ、2対0でリード。
途中2対1に追いつかれ、迎えた最終の第三ピリオド、残り30秒ほどと言うところで、タイムアウトを取って作戦を練って来たアメリカに、まさかのゴールを許してしまい、2対2の同点でサドンデス制(先に得点を入れた方が勝ち)オーバータイムとなりました。
このオーバータイム、早く決着が付く様点を入れやすくする為なのか、両チーム通常より1人少ない4人(ゴーリーを含むと5人)での攻撃になるので、ドキドキも増します。
チームを信じたい気持ちと裏腹に、嫌な予感すら漂いつつ見守る中、今回カナダ代表で一番の注目株、Sidney Crosby(シンディ・クロスビー)がJarome Iginla(ジェローム・イギンラ)からの寝そべりながらのパスを受けて、シュート!
そしてゴーーーーーーーール!!!!!
3対2で見事金メダルを獲得したのです!

2IMG_6183r.jpg

テレビの画面を記念にパチリ。
熱が入り過ぎて、相方も私も、若干涙目。
最後のゴールの時は、二人とも狂喜の雄叫びを上げちゃいましたよ。
でもね、我が家だけではないはずっ。
多くの家庭や、巨大スクリーンの前で、叫び声が上がったに違いありません。

menshockeygoldmedal2_100228_lg (15)

この写真はMatt McLeod氏撮影のもの。
The Georgia Straightと言うフリーペーパーのウェッブページから拝借しました。
大柄な上、プロテクターをつけた選手達の首にかけられたメダルは、とても小さく見えてなんだか面白かった。
それを手にとって見つめる姿は、無邪気な子供の様でした。
大会最終日を待たずに、金メダル数は今大会、そして歴代の冬季オリンピックの中で最高数を獲得したと発表したカナダ。
一番欲しかった金メダルが、手に入った瞬間です。
これで14個の金を獲得したことになりました。

そうそう、カナダのハーパー首相とアメリカのオバマ大統領、この試合の勝敗で賭けをしたらしいです。
まぁ、友好を兼ねたお遊びって感じみたいですがね。
で、負けたオバマ大統領が、Molson Canadianと言うビールの24本入り1ケースをハーパー首相に送る様です!

試合が終わり、残すは閉会式のみ。
晴れやかで気持ちのいい日曜日の午後、私たちもクライマックスに達したお祭りに参加すべく、ダウンタウンに向かうことに。
いつもは静かな我が家の周り、窓を開けると何やら騒がしい。
と思ったら、通る車がお祝いモードでクラクションを鳴らしながら走ってるのです!!!
暴走族かっ!と思ったけれども、なんだか楽しくなって来ました。
で、外に出ると・・・

6DSCF9163r.jpg

普通の街角なんですが、家の方が出て来て、喜びの叫びを上げてました。
カナダカラーの赤にちなんで、サンタクロースも出現!ぷぷぷっ。何でもありかいっ!
この道を通る車も、ノリノリで窓を開けながら叫び、クラクションを鳴らして走り去って行ってたんですよねぇ~。
事故るなよぉ~っと意外と冷静に見つつ、私も叫んでましたが。(笑)

グランビル橋を渡ってダウンタウンエリアへ。
この辺りは、去年のハロウィンでも人がうようよしていたエリアです。
交差点を渡る人々、知らない人同士でハイファイブ!
・・・ハイタッチは和製英語で、正式にはHigh Five(ハイファイブ)と呼ばれてます。

6DSCF9168r.jpg

どこから沸いて来たのかと思うぐらい、すごい、人だらけっ!
って言うか私たちも沸いて来たんだけど・・・

6DSCF9171r.jpg

真ん中の黄色いベストの警察官の方も、ハイファイブ!

6DSCF9172r.jpg

取り合えず、Kaiserも歩きにくいので、カゴに入れたまま自転車で歩きながら参加の私たち。

6DSCF9176r.jpg

行けども行けども人の山!
ホッケーの試合に勝ったのが、嬉し過ぎて、皆ハイテンションです!
そうそう、聞く所によると、カナダ東部のトロントのヤングストリートと言うダウンタウンの中心部でも、カナダの金メダルを祝って人が溢れていたのだとか。
国中でお祭りですねぇ~。

6DSCF9179r.jpg

この通り、バーやレストラン、ファッション系のお店もあったのだけど、ほとんど中はガラガラ。
私たちも食べたけど、ピザ屋さんは流行ってましたねぇ~。
練り歩くのにも体力要りますから。(笑)
こちらのピザ、1スライスから買えるので、気軽なファーストフードなんですよ。

6DSCF9187r.jpg

あっちにもこっちにも、国旗が舞う舞う!
店先で国旗を売っているところもありました。
う~ん、いい商売ですねぇ~。
面白かったのが、ホッケースティックに国旗を結んでなびかせている人が多かったと言うこと。
こちらの男の子達は、小さい時からバットを持つ感覚でスティックを持っていたりして、家の前の道路で遊んだりするのが普通だから、一家に1本あってもおかしくないアイテムなんですよねぇ~。

2IMG_6203r.jpg

相方も家から国旗持参。
この後マントにして歩いてました。
ちなみにこれは窓に飾っているのとは別のもの。
国旗も、なぜか一家に1つ以上はあるのってのがカナダのお家です。(笑)
あとねぇ~、あらゆるところから国家の合唱が聞こえてくるんですよねぇ~。
国と言うよりチームカナダと言う感じ。
その応援歌として国家があって、皆カナダが大好き~ってのが表れて来て、日本人の私としては、愛国心の強さが羨ましかったりもしました。

2IMG_6197r.jpg

カメラを向けたら、ポーズを取ってくれたこの方。
かわいい笑顔じゃないですかっ!

2IMG_6199r.jpg

赤タイツに、赤手袋???
顔は白いペイントしちゃってるし!

2IMG_6205r.jpg

なんじゃ、こりゃっ。
テレタビーズじゃないの?それに国旗を無理やりつけてる???
オリンピックに全く関係ないけれど、面白いので皆許しちゃってます。(笑)

6DSCF9189r.jpg

ストリートパフォーマーもホッケージャージにヘルメット。
で、ガイコツのマスクしちゃってるしっ!
それはハロウィンの衣装の使いまわしだろうっ!って突っ込みたくなる方々も沢山いたけれど、皆許されてます。(笑)

6DSCF9190r.jpg

通りすがる人々、やっぱりどこでもハイファイブしてるんですよねぇ~。
私も手を上げて、一緒にお祝いモードに乗ってみたけれども、意外と本気で力強く、パチンッといい音が鳴るぐらい手を合わせる人が多くって、びっくりでした!
倒れそうになったと言うのは、若干言い過ぎですが、それぐらいの勢いでした!

2IMG_6214r.jpg

屋外での飲酒が禁止されているのと、まだ夕方だったこともあり、飲みつぶれてる人の姿は見かけませんでした。
ペットボトルにカクテルを入れて飲んでる人がいたらしく、警察官に注意されて、路上に飲み物を流されると言う場面は見たけれども、大きなトラブルにはなってなかったみたいです。

2IMG_6216r.jpg

ちょっと人が少なめの場所で、パチリ。
私も大衆に混じって、赤い服を着てみました。
日本もカナダも国旗の色だしねっ。
今回もお団子頭に国旗をつけてみたけれど、周りの人々に比べると、すごく地味に感じました。(笑)
この辺りはLunar Festのちょうちんがある辺りです。

この近くで相方が、通りを行きかう人々の様子を動画に修めたのでどうぞ。



ねっ、聞こえるでしょ、叫び声!
所々にホルン等の楽器を持った人もいて、賑やかきわまりありません!
ちょうちんの木みたいなやつの土台が木製で、その上を跳ね回って足踏み太鼓の様に踊りまくってる人もいました。
正直、作品のところでそれはどうなんだろうとも思ったけれども、この日が展示の最終日と言うこともあり、警察の方も気にしていない様子。
攻撃的に破壊してたわけではなかったしね。
警察と言えば手前の黄色い方、ハイファイブしてたでしょ~。
皆厳しい顔で立ってらっしゃいましたが、基本はカナディアン。
嬉しさは隠し切れず、ノリノリで近寄って行けば、ハイファイブしたり一緒に写真に入ったりしてました。

車道に目をやると・・・

2IMG_6219r.jpg

窓を開けて叫びながら走っている車に、わんこ車発見!
赤いシャツ着てお祝いモード。
Kaiserを見つけたこの子は、元気良く吠えてました。

こちらのお姉さん・・・

2IMG_6222r.jpg

ハコ乗り!
肩の出たセクシーなトップスを着た、カナダ風レディース?
ってわけじゃないんだけどね。嬉しさの表現方法ですねっ。

またもや見つけた仮装部隊。

2IMG_6230r.jpg

このピンクの方、夜のニュースの野次馬として出てました!

2IMG_6231r.jpg

声をかけられれば、記念撮影にも気軽に応じていた仮装部隊の方々です。
これ、暖かいかもねっと思ってしまった私です。

時間が経つに連れて、膨れ上がっていく人の波。
私たちも一通り楽しんだので、帰路に着くことに。
そうそう、街中がすごいことになってるみたいに見えますが・・・まぁある意味そうだったのですが・・・通りを1本入るとびっくりするぐらい人がいなかったりして、騒ぎ所は皆さん知っている様子。
結局行列の為1度も行かなかった、巨大スクリーンのあるLiveCity Yaletownは、この時は列がすごく短くて入りやすい感じ。
でも犬連れNGと聞いていたので素通りしましたが、皆、スクリーンを見てまったりと言うより、あふれんばかりのエネルギーを発散すべく、通りで叫びたいって感じでしたねぇ~。

2IMG_6224r.jpg

表示は15日になっているけれど、延べ17日間が開催期間。
街をあげてのお祭りが終わってしまうのかと思うと、なんだかやっぱり寂しい気が。
去年の今頃は、大阪で私の移民申請の結果待ちをしていて、オリンピックの時期までには引越しが出来ているのかどうかが不安だったのだけど、晴れてこの地で最高のお祭りを体験出来て、とても嬉しく思います。

グランビル橋、帰りにはもうダウンタウン方面に向かう車線が閉鎖されていたので、車道の真ん中をスイ~、スイ~と自転車で走りました。
途中で見つけた、車線クローズの電光掲示板。
表示がいいなと思ったので、パチパチパチと3連写。

2IMG_6238r.jpg

2IMG_6239r.jpg

2IMG_6240r.jpg

"This is our game!!! Congrats team Canada!! On Wining Gold!!!"
『これは俺達のゲームだ!!!チームカナダ、金メダルおめでとうっ!!!』
って感じですかねぇ~。
何の試合かは書いてないけれど、もちろんホッケーのことだと暗黙の了解なのでありました。

家に帰って途中から閉会式を見て、その後見逃した最初の方を録画で見て。
しっかり堪能した2010年のバンクーバーオリンピックでございます。

♪♪♪ バンクーバー身近に感じてくれたなら嬉しいな!2クリックも励みです! ♪♪♪

blogranking-banner-canada003.jpg


♪♪♪ Thank you! Have a good day! ♪♪♪

オリンピック街中レポ ③

2010年03月01日 01:30

バンクーバーオリンピック、終わっちゃいましたねぇ~。
日本選手、メダルの数は伸ばせなかったけれども、それぞれ大きなプレッシャーの中、良く頑張ってくれたと思います。
私自身、今までの人生の中で、一番オリンピックの試合を沢山見ましたっ!
・・・ほら、無職ですし(苦笑)。
閉会式は正直、でっかい騎馬隊やホッケープレイヤー、ムースにビーバーなど出て来て、なんじゃこりゃっと思ったけれど(笑)。
開会式で大失態だと国外メディアに叩かれまくった聖火台を、コミカルにやり直してた案はとっても良かったと思いました。
ちゃんと点火役のCatriona Le May Doan(カトリオナ・ルメイドーン)選手が登場して、最初につけれなかった火を灯してたしね。
人生失敗もあるさっ。
でも、セカンドチャンスもあるさってな感じで、微笑ましいじゃないですかぁ~。

さてさて、閉会式の1日前、2月27日土曜日のことになりますが、小雨が降る中、私たちは開会式後に場外へ運ばれた聖火を見て来ました!

2IMG_6151r.jpg

雨の為フードかぶったままだけど、Kaiちゃんを抱き上げて聖火と記念撮影。
余談ですがこうやって見ると、Kaiserが大きく感じますよねぇ~。
私たちの後ろに、聖火を見ている人々の姿が写ってますが、フェンスがあってこれ以上近づけない様になってるんですよねぇ~。
もっと近くで見たいと言う意見が多数だった為、これでもフェンスを聖火の方に近づけたのだとか。
そして、写真が撮り易い様にと、フェンスの真ん中辺りに切れ込みを入れて、レンズを突き出して撮影出来る様に配慮してくれてます。
ってなわけで、その切れ込みから撮った写真がこちら。

2IMG_6149r.jpg

実は、背の低い私としては、腕を上に伸ばしてカメラを押し込まなきゃいけなかったわけだけど、まぁ何とか撮影出来て満足です。
この聖火台、開会式の時から思ってたんだけど、『火』って言う感じに見えませんかぁ~?
言われればなんとなくそう見えてくるでしょ~?
この聖火台が良く見える、展望台もあったのですが、そこには行列が出来てたので並びませんでした。

オリンピック開催期間中、スポンサー企業によるパビリオンや、カナダの各州による観光地紹介パビリオンが出来てたんだけれど、どこも長蛇の列で、何時間も待たなければいけないみたいだったので、我が家は全く行ってないんですよねぇ~。
並ぶのが苦手なんです・・・
それに、残念ながら犬はNGなので、並んでたりしたら長時間Kaiserを留守番させなきゃいけなくなるし、楽しめる範囲でお祭り気分を味わって来ました。

この日夜に出かけた大きな理由は、これこれっ!

2IMG_6163r.jpg

オリンピックの五輪!
カナダ選手がメダルを取ると、色が金、銀、銅とメダルの色に変わるのです。
この時はカーリング男子が金メダルを獲得した後だったので、ちょうど金色のリングが見れました!

街の中心部からは少し離れているところだけど、聖火と五輪を見る為に、沢山に人で賑わっていたんですよねぇ~。
近くのフードコートで食事をしたんだけれども、ここも大混雑!
まぁ、席は取れたし食べ物もすんなり買えたんだけど、お祭り状態の人々で、おしゃべりしまくっててすごく賑やかでした!

近くに工事用のこんなクレーンもありましたよ!

2IMG_6158r.jpg

メイプルリーフがカラフル!
こんな小細工がしてなかったら、殺風景なただの工事現場なんだけど、この電飾のおかげで場を盛り上げているって感じですねぇ~。

テレビで毎日放送されている、歩行者天国の中心エリア。

6DSCF9153r.jpg

この日もすごい人、人、人!

こちら、SEARSと言うデパートなんですが、壁一面にプロジェクターで大きな写真が写されてました。

6DSCF9157r.jpg

"Our dreams are to ruin yours"って書かれてるけど、かなり挑発的なメッセージ。
『俺達の夢は、お前達の夢をつぶすこと。』これは、最終日の男子アイスホッケーの金メダルをかけた対戦相手、アメリカへの宣戦布告って感じですよねぇ~。
まぁ、プレイヤーから出た言葉ではないんだろうけど。

6DSCF9159r.jpg

お店のショーウインドウも金メダル。
んで、その横には・・・

6DSCF9160r.jpg

雪男なんかもいました。
これね、マネキンなんかよりずっと大きくて、結構迫力があるんですよ。

ってなわけで、最終日の1日前の様子でした。
最終日の今日・・・日付が変わってるので昨日ですが・・・も街中をぶらぶらして来ました。
そんな様子は次回レポートしますね。

♪♪♪ ランキングに参加中!お腹丸見えKaiserに応援の2クリックを! ♪♪♪

blogranking-banner-canada003.jpg


♪♪♪ Thank you! Have a good day! ♪♪♪

オリンピック・ライン

2010年02月23日 18:44

1月21日から3月21日まで、期間限定と言うことで運行しているオリンピック・ラインと言う路面電車。
昨日の散歩で、たまたま見かけたのでパチリ。

2IMG_5987r.jpg

近道出来るかなっ?と思って歩いて見た場所が行き止まりだったんだけど、たまたまそこから下に線路が見えてたので、もしや?と思い左右を見渡すと、電車が見えたので慌ててカメラを取り出し、撮影。
なんちゃって鉄子な私です。(笑)

必死で撮った中の1枚だけど、ほら見て、"GO CANADA GO"ってオレンジ色で表示されてるでしょ~!
やったっ!いい瞬間を収められた!

選手村とグランビルアイランドの間、約1.8キロをピストン運行してて、なんと運賃は無料。
観光客の良い足となっているみたいで、この時も満員でした。

そうそう、この細身の電車ねぇ~、実はベルギーのブリュッセル市からの借り物なんですよ!
写真じゃ見にくいけれど、正面の窓の下、白い字でBOMBARDIERと書かれてます。
飛行機とか作ってる、ボンバルディア社製なんですねぇ~!
そっか、ボンバルディア社、カナダの会社だもんね。
内装も中々洒落ているらしいですよ。
乗る予定はないんだけど。

路面電車は、昔通ってたらしく、線路は元からあったものを使用しているみたいですね。
将来的には路面電車を復活させるかも知れないとのことです。

Kaiserの写真ありませんが・・・追ってアップしたいと思っております。
また来てね!

♪♪♪ なんちゃって鉄子に2クリックを! ♪♪♪

blogranking-banner-canada003.jpg


♪♪♪ Thank you! Have a good day! ♪♪♪

オリンピック・カーリング観戦 2月18日 日本vs中国

2010年02月20日 14:01

2IMG_5769r.jpg

バンクーバー時間の2月18日木曜日、午後2時から行われた女子カーリングの試合を、生で見て来ました。
会場は、以前遊びに行ったことのある、クイーン・エリザベスパークの近くです。
過去のこの記事で、紹介した建物です。

バスを利用して会場近くの駅に行き、相方と待ち合わせしてたんですが、駅前、すごい人でした。
私たちが見た試合の前に、男子の試合が行われてて、その帰りの人が電車に乗る為に長蛇の列を作ってました。
ボランティアの道案内の方の指示に従って、会場まで歩いて行くと・・・

2IMG_5775r.jpg

遠くからでも目立つ看板発見。

2IMG_5880r.jpg

こんな感じです。

2IMG_5774r.jpg

会場敷地内に入る為の列。
結構長かったけれど、入り口が複数あったので、スイスイと進めました。
カナダのチームも出場と言うことで、カナディアンカラーの赤い服を着ている人が目立ちました。
競技違いだけど、赤ってことでカナダチームのホッケージャージを着てる人が多かったかな。

2IMG_5776r.jpg

各入り口ブースでは、空港で見かける金属探知ゲートと、持ち物用のX線スキャナーが!
1月頭にホッケーの試合を見に行った時は、カバンの中を係員に見せるだけの検査だったので、そんな感じかなぁ~と思ってたけど、流石オリンピック、警備体制万全です。
1998年の長野オリンピックの時、ノルディック複合のジャンプを見に行ったことがあるのですが、その時は国際大会といえど、ここまで厳重じゃなかった記憶が。
やっぱり近年のテロの影響でしょうね。
雨も降ってないのに、この辺りの地面がぬれていたのですが、開封後の飲み物等、液体の持ち込みも禁止されてたみたいで、持ってる方はここで地面に流す様にと支持されてました。
確か空港では、液体の成分を検査する機械みたいなのがあったと思うけど、流石にそんな機械の導入にまでは至ってなかったみたいです。
幸い私の持ってた水のボトル、開封前だったので、処分は免れました。

2IMG_5788r.jpg

入り口を振り返ると、青い空に雪山。
中々綺麗。
この日も日中は暖かかったんですよねぇ~。

2IMG_5778r.jpg

ジャケット脱いでちょうどいいぐらい。
私もこの時に買ったオリンピックグッズのジップアップパーカーを着て行きました!

2IMG_5783r.jpg

リンクに辿り着くまでの間、マスコットに遭遇。
横手にも楽器を持ったグループがいて、会場に入る前の人々を楽しませてくれてました。
チケットに書かれたバーコードをスキャンしてもらって、会場内へ。
ハイテクですよねぇ~。
ホッケーの試合でも、映画を見に行った時も、同じ様にチケットは手で切り取るわけではなく、スキャン式でした。
日本も最近こんな感じですか~?
そう言えば日本では、あんまりスポーツ観戦や映画に行ってなかったから、良く分からなかったりする私です。

2IMG_5789r.jpg

公式オリンピックグッズや、ピザ、ホットドッグ等の軽食、飲み物のブースがありました。
この場所はリンクの外に作られた仮設テントで、オリンピック終了後には取り払われるんでは?
と言うのが相方の想像。
終わってしばらくしてから、また実に来なきゃねっ。

2IMG_5790r.jpg

カーリングカナダチーム、男女の写真。
他のスポーツ選手の写真などもあって、ちゃんと見ていないけど、売り物?オークション?って感じでした。
さてさて、ではリンク内へ。

2IMG_5806r.jpg

全体像はこんな感じ。
Vancouver 2010と書かれた水色の文字の下、緑色の辺りに、各国の報道陣と思しき人々がいました。

2IMG_5797r.jpg

日本の国旗も沢山。
応援団の方でしょうかね?
テレビ中継でもこの旗を毎日の様に見かけます。
私たちはこの国旗の向かい側に座ってました。

2IMG_5802r.jpg

本番前に順番に練習。
この時は敵チーム中国の練習中で、日本選手は並んで相手の様子を真剣な表情で見入ってました。
左から順番に、阿部晋也コーチ、目黒萌絵選手、山浦麻葉選手、近江谷杏菜選手、本橋麻里選手、石崎琴美選手。
クリスタル・ジャパンと言う新しい愛称がついた、チーム青森のメンバーです!
カーリングの主要ルールは知ってたのですが、時間制限があるなんて知りませんでした。
スコアボードの左側、73分と言うのが各チームのトータル持ち時間です。
将棋みたい!と思っちゃったけど、カーリング自体、氷上のチェスとも呼ばれてるんですってね。
相手の動きを読みながらの勝負ですもんね。

各国選手の練習も終わり、いよいよ試合開始。
・・・の前に、カーリングの発祥の地がスコットランドと言うこともあってか、同じくスコットランドの伝統音楽、バグパイプで開幕式みたいなのが行われました。
観客も全員起立して演奏を聴きます。

2IMG_5811r.jpg

さあ、いよいよ試合開始。
4レーンあって、8チームが一斉に試合を開始します。
日本チームはBレーンで中国との対戦。
私たちは前から8列目に座ってたのですが、ちょうど日本が見やすい角度でした。

2IMG_5816r.jpg

テレビで見てると、試合進行が他の競技に比べてスローな感じがあり、退屈感が否めなかったりもしますが、やっぱり生で見ると楽しいですね~。
4レーンあるので、中心で見ているチームが作戦を練ってて、レーンに動きがないなと思える時も、他のチームの試合の様子を見て過ごせるので、私の様などちらかと言うとせっかちタイプの人でも、生だと十分楽しめます。

2IMG_5832r.jpg

実際見に行って分かったのは、左右のスタート地点、エンド毎に交代するんだなぁと言うこと。
確かに一つの方向にストーンが集まってるので、効率的で当たり前なことですよね。
私たちの席は、会場の結構端の方だったんだけど、サイドが毎回変わるので、ストーンを投げる場面も、投げたストーンが落ち着く様子も見れて良かったです。

2IMG_5835r.jpg

テレビで見てると、マイクを通して声が聞こえて、どんな動きをするのかが良く分かるのですが、実際見てると声は聞こえず。
あそこかな?ああするのかな?
等と、想像しながら見るのもまた違った面白さがありました。

2IMG_5843r.jpg

チーム皆で頑張るクリスタル・ジャパン!

2IMG_5856r.jpg

左にいるキャプテンの目黒選手、彼女がブラシで指している辺りを目指して、ストーンの動きをコントロール中です。
中国チームに常にリードされてしまい、追いかける立場と言う好ましくない展開。
中国、いいショットだなぁ~と感心させられるところもあり、日本側にミスショットかなと思える面もあり、見ていて悔しい思いもありましたが、一生懸命頑張っている姿に熱い思いで応援。
日本人の観客も結構いた様で、場内からは『頑張れ日本!』と叫び声が上がることも多々ありました。

2IMG_5867r.jpg

5対9で敗れてしまった1次リーグ第3戦、握手で終了。
本領は発揮出来ませんでしたが、オリンピックと言う最高の大舞台で頑張るクリスタル・ジャパンの姿を、同じ場内で応援することが出来て、とてもいい時間が過ごせました。
翌日の強豪イギリスとの試合には、9エンドで5得点を獲得し、11対4の大差で相手に最終の10エンドを諦めさせると言う勝利を収めてくれましたもんね。
2勝2敗で現在10チーム中5位のクリスタル・ジャパン!
上位4位が次に進めるので、これからも頑張って欲しいです。

さてさて、カナダの試合も行われてたわけですが・・・

2IMG_5799r.jpg

こちらは練習中の様子。
Carolyn Darbyshire選手のリンクに張り付きそうな低い姿勢に、見入ってしまいました。

2IMG_5854r.jpg

カナダは男女共にカーリングではいつも上位にランキング。

2IMG_5864r.jpg

選手は皆、カルガリー・カーリング・クラブにに所属しているみたいですねぇ~。
やっぱり、常日頃のチームとしてのバランスが重要なので、どこの国もチーム単位でオリンピックに出場するのかな?
ドイツとの試合、同点で10エンドを終え、延長戦の11エンドに持ち込みました。

2IMG_5873r.jpg

最後の最後に見事なショットを決め、6対5で勝利したカナダチームです。

カーリングって、決して派手なスポーツではないのですが、オリンピックと言うこともあってか、応援も賑やかでした。
大きな声で"Go Canada Go!!!"との声も上がり、場内足踏みして応援する場面も。
いつもは静かなカーリングの試合、集中力が必要なので、選手としてはテニスの試合の様な静寂さが好ましかったりもするみたいですが、頑張って戦ってましたね。

2IMG_5858r.jpg

ウエーブが起こる場面もありました。
私も何度も立ち上がり、両手を挙げて参加しましたとも!

競技に直接関係ないけれど、デンマークチームのスカート姿、可愛かった!

2IMG_5825r.jpg

どの国のプレイヤーの方々も、皆綺麗で可愛くって、地味なイメージのカーリングが輝かしくも思えたりしたのでした。

2IMG_5878r.jpg

最終スコアはこの通り。
もっとしっかりスコアボードを撮りたかったけど、直ぐに表示が変わっちゃったり、帰る人々の頭がぽこぽこしてて、これがベストショットなのでございます。
Cレーンのロシアは、イギリスに大差をつけられたので、8エンドでギブアップした為、こう言う表示になってます。

カーリング、結果の良し悪しに関係なく、たっぷり堪能出来ました。
実際見てみると、競技や選手が今までよりもぐんと身近に感じられて、帰って来てからはテレビ放送も今までと違った見方で楽しんでおります。
長丁場の試合、日本もカナダも、それぞれの実力を出し切って、頑張って欲しいと思います!
私にとっては、長野に続く2回目のオリンピック観戦、貴重な体験となりました!いぇいっ!

♪♪♪ Kaiser写真はありませんがクリック応援嬉しいです!2ポチねっ! ♪♪♪

blogranking-banner-canada003.jpg


♪♪♪ Thank you! Have a good day! ♪♪♪

オリンピック街中レポ ②

2010年02月18日 09:08

オリンピックマスコットのショーを見て、外に出ると、頭上から叫び声が!!
見上げると、電線に人が引っかかっている!!!???

2IMG_5673r.jpg

・・・わけではないのです。
実はこれ、Ziptrek(ジップトレック)と言うもの。
普通は山の谷間にワイヤーを張って、片側からもう一方へ滑って行くのですが、今回はスケートリンクのちょうど上の辺りに、特別のワイヤーが張られてるんです!
オリンピックの雪系スポーツ開催地の一つでもある、ウィスラーにも同じものがあって、そこの会社がオリンピック期間中にダウンタウンに特設したもの。
なんと、無料で楽しめるアトラクションなのです!

2IMG_5675r.jpg

大自然の谷間も怖いけど、ある意味、こっちの方が怖そう。
だって、下にいっぱい人や建物が見えてるんですもんねぇ~。
やっぱり感覚としたら、電線を滑り落ちてる感じですよねぇ~?
この方は、カナダ国旗をなびかせながら、"Go! Canada!!!!!"と叫んでおりました。

2IMG_5676r.jpg

これがスタート地点。
これを建ててるのを、以前見たけれど、まさかジップトレックになるとは!
階段に長蛇の列が出来てるのかと思えば、人がいない。
無料なのにそんなはずはないだろうっ!と辺りを見回すと、スケートリンクの階段を上がり切った辺りに列が出来てました。
スタッフの方に尋ねてみると、8人ずつグループ単位で移動させて行くのだとか。
で、5時間待ちだとか!
ひょぇ~~っ、たった一瞬の為に5時間!!!
でも、やってみたい気もします。
バンジージャンプは嫌だけど、これなら楽しそう。
試した際にはお知らせしますねっ。

6DSCF9109r.jpg

以前来た時は見かけなかった新しい看板も発見。
このスクリーンの横手は階段になってて、お目当ての試合が放送されるのを待っている人が沢山。
この日は4時からカナダの男子ホッケーの試合があったので、ジャージを着た人が徐々に集まり出してました。

この近くにはこんなコーナーも。

6DSCF9111r.jpg

はっきり言ってすごく地味。あった場所もすごく地味。(笑)
ゲームセンターにある様な、ホッケーのシュートアウトですね。
相方がずっと見てるから、やりたいのかと思ったら、私のブログネタ用に写真を撮ってくれようとしてたみたいで、人の合間を縫っていたところでした。
写真、別に撮らなくていいなっと判断したところだったけど、せっかくの好意なのでアップしておこう。(笑)

こちらも地味だったけど、写真スポット。

2IMG_5677r.jpg

スノーボード体験風。
私スノーボード未経験なんですよねぇ~。
こんな足位置でいいのか?
Kaiser、ちゃんと四本足で乗ってくれて、撮影出来たので良かったです。
この時もギャラリーの皆さんの笑いを誘っていましたとも!
このちょっと離れた場所に、表彰台バージョンもあったんだけど、うろうろしてて暗くなった帰り際に気づいたので、写真は撮っておりません。

2IMG_5691r.jpg

これはアートギャラリーの横手。
ここにもスクリーンがありますね。

街中は歩行者天国になっている道路がいくつかあって、こんな方もいらっしゃいました。

2IMG_5694r.jpg

背の高い一輪車に乗った大道芸人さん。
冬のわりに暖かいとは言え、流石に上半身裸の季節ではないんだけど、パフォーマー魂で脱いじゃってます。(笑)

小腹がすいたのでホットドックでもっ。
そう思ってスタンドを見てみると、値段がいつもよりアップしている!
そんな中、ローカルプライスに値引きして提供してくれた、気のいいお母ちゃん的な方々のスタンドから購入しました。(笑)

2IMG_5697r.jpg

良心価格の3ドルなりぃ~。
何でも聞いてみるもんだ。
奥に見えているKaiserは、お座りしています。
と言うか、させられてます。
この後、ソーセージの味をしみ込ませたパンの端っこをちょこっとだけあげました。(笑)

と、食べていたら、マウンテン・ポリスの方々発見!

2IMG_5698r.jpg

お馬さんに乗ってます。
聖火リレーの時も、彼らが聖火走者の前を護衛役として行進してました。
今回はパレードとかに関係なく、パトロール中です。

2IMG_5700r.jpg

大きな旗を掲げて歩いている、カナダっ子も発見。
『いぇ~~~いっ!!!』とか言いながら歩いてるので、通りすがる際に私も声を出して叫んでみました。
街中で奇声を上げる機会なんて、めったにないので、なんかスカッとしましたよ。(笑)

こちらは郵便局。

2IMG_5707r.jpg

たぶん、中央郵便局って感じの、市内で一番大きいところだと思います。
オリンピック代表選手の写真が掲げられてましたが、この右側の方、モーグルで金を取った、アレキサンドル・ビロドー選手ですねぇ~!
郵便局の狙い、当たったなっ!
建物の横手には・・・

2IMG_5705r.jpg

大きなメイプルリーフの旗。
流石お国の機関ですねぇ~。

こちらは先住民の方々の文化を紹介したAboriginal Pavillion(アボリジナル・パビリオン)。

6DSCF9118r.jpg

私の顔が上向きなのは、意味がありません。気にしないこと。
ここ、視察に来たこの時は、全く未完成状態だったのですが、ちゃんと綺麗なドームが出来てました。
こちらも中に入る為の列が出来てて、今回は素通りです。

列と言えば、ここも。

2IMG_5706r.jpg

LiveCity Downtown。
ホッケーの試合が放送されると言うこともあり、長蛇の列。
どうやら市内に2つある、LiveCityと言う名の屋外観戦所では、中に入る為にセキュリティーチェックをしてるみたいで、入場するのに時間がかかるみたいですね。
ここも素通りしましたぁ~。
この場所の通りをはさんだところに、ダイニングバーがあったんだけど、そこでも大きなスクリーンでホッケーの試合を流すみたいで、列が出来てましたよ~。

一通り、メインエリアを歩いてみて、元のアートギャラリーエリアへ。

2IMG_5708r.jpg

聖火リレーの時に相方が撮った写真にもあった、イグルーの前に、白熊のディスプレイがあったのでパチリ。
なぜかKaiser控えめな位置。(笑)
手前の氷風の部分に乗っけようかと思ったけど、手を触れてはいけないみたいだったので断念したのでございます。

2IMG_5712r.jpg

この看板も出来てましたよ。
そっか、スノーボードだと思って見てたけど、モーグルなんですね。

6DSCF9122r.jpg

CTVと言うテレビ局横の通りには、特設ブースが設けられてました。
ここから中継している様子、毎日見ています。
この時はすでにホッケーの試合が始まってて、テレビではそれを流してたんですが、通りにいる人々はブース上の小さなスクリーンを見つめ、カナダを応援してました。
なんかテレビのなかった時代、電気屋さんのショーウィンドウで観戦してるみたいねぇ~と相方といいつつ、私たちも見入っておりました。
このブースではどうやらキャスターがレポートしていない時間帯に、ここに座って写真撮影をしてもらえるってな感じのイベントをしてたみたいで、反対側にもやっぱり列が出来てました。
そう言えば写真は撮ってないけれど、オリンピック号外新聞みたいなのを自分の顔で作ってもらえると言う新聞社のブースも見かけましたよ。

関西ローカル番組、『ちちんぷいぷい』の大吉洋平アナウンサーが、バンクーバーの美術館前に16日からやって来るとの情報を教えてもらい、たぶんアートギャラリーのことだろうなぁ~と思って、何度か見てみたのですが、それらしき人には出会いませんでした。
他の報道陣は試合会場に行ってるんでしょうねぇ~。
日本のカメラ班などには残念ながら出くわしませんでした。
普段すっぴんで歩いてる私ですが、珍しくちょっとだけお化粧して出かけたのに。(笑)

ってなわけで、オリンピック開催後、初めて足を運んだバンクーバーのダウンタウンの様子でした。
今日は女子のカーリングの試合を見に行きます!
その前に、お留守番してもらうことになるKaiserを疲れさせるべく、お散歩をしに出かけるので、昨日の記事のコメント、後で改めてしますねぇ~。
お待ちくださいませ!

♪♪♪ ランキングに参加中!1日2クリック応援嬉しいです! ♪♪♪

blogranking-banner-canada003.jpg


♪♪♪ Thank you! Have a good day! ♪♪♪

オリンピック街中レポ ①

2010年02月17日 12:51

2月16日火曜日、ダウンタウンに行ってみました。
・・・の前に、バスに乗って行ったんだけど、バス停の看板が可愛かったのでパチリ。

2IMG_5615r.jpg

残念ながら日本語はないんだけど、いろんな国の言葉で、『ようこそ』と書かれてます。
惹かれたのは右下に犬の写真があって、"Woof!"と犬語で歓迎していること。
可愛いじゃありませんかぁ~。
そうそう、バスの中では、運転手さんがマイクを使って、ゲーム速報!
『何対何でカナダ勝ちぃ~!』ってな感じで放送されると、乗客いっせいに、『いぇ~~いっ!!!』って声を上げてノリノリ。
バスを降りたら降りたで、同じ運転手さんだったと思うけど、外に聞こえる様にマイクを使って、"Go! Canada! Go!"って放送してるし、みんなお祭りモード全開です!

さてさて、では街中レポ。

2IMG_5617r.jpg

全身ロシアのロゴ入りウエア。
バックパックまでロシアだったから、選手???
勝手に、女子選手2人とコーチって想像しちゃってるんですが、どうなんでしょう?
街中には国のロゴ入りウエアを着ている人が沢山いて、選手なのかどうか良く分かりません。

こちらは、Vancouver Art Gallery(バンクーバー・アート・ギャラリー)。

2IMG_5626r.jpg

1月の中ごろに最初にオリンピックレポで来た時から、この華やかなタペストリーが飾られています。
Michael Lin(マイケル・リン)さんと言う台湾人のアーティストの作品ですが、彼、なんと東京生まれなんですって!
成人式の振袖の様な艶やかな花柄だなぁ~と思って見てたんだけど、日本文化は影響してるのかな?
ちなみにアート・ギャラリー、オリンピック開催期間中は、入場料無料!
レオナルド・ダビンチの人体画デッサンも飾られているらしく、入り口付近には行列が出来てました。
私も入りたいんだけど、今回はパスして来ました。

このギャラリーの近くには、オメガ製のカウントダウンクロックがあって、その前に新しく、ボブスレーが置かれてました。
ってことで、記念撮影!

2IMG_5619r.jpg

オメガのお兄さん2人がいらっしゃって、カメラを渡せば撮ってくださいます。
なので珍しく、皆一緒にパチリ。
後ろに大きなカナダの国旗があって、その手前に咲いてるの、桜みたいです。
2月なのに、咲いちゃってる!
街中に結構桜の木があるみたいで、ほころび始めてるものも沢山あるみたいですよ!
右に写っているカウントダウンクロックは、開幕式から経過した時間を表示してました。

2IMG_5622r.jpg

正面からもパチリ。
センターずれてるけど・・・いいことにしましょう。(笑)
ちなみに周りにいる人々、記念撮影待ちです。
私たちも待ったけど、時間、どれぐらいだったかな?
そんなに気にならない程度でしたよ。
Kaiserも一緒に乗ってるので、周囲の注目を集めていた私たちでした。(笑)

この後、特に目的地も決めずにぶらぶら。
Robson Square(ロブソン・スクエア)のアイスリンクで、オリンピックマスコットたちのアイスショーが行われるってことで、見に行きました。

2IMG_5630r.jpg

顔を触られまくってる、Miga(ミーガ)。(笑)
Sea Bear(シー・ベア)、つまり海の熊と言う架空の生き物キャラで、半分シャチで半分白熊なんだとか。
バンクーバー・アイランド近くの海中に住んでいる女の子だそうです。

2IMG_5631r.jpg

Sumi(スーミ)はブリティッシュ・コロンビア州の山に住む男の子。
オルカの帽子を被り、サンダーバードの羽で空を飛び、黒熊のたくましい足で走り回るのだとか。

2IMG_5634r.jpg

こちらは、Quatchi(クワッチ)。
カナダの森林に住む、Sasquatch(サスクワッチ)、すなわち、山男とか雪男って感じかな?

今回のマスコット、日本のキャラクターチックで可愛いなぁ~と前々から思ってたんですよねぇ~。
こちらの子供にも人気みたいで、リンクに現れたとたん、皆お気に入りのキャラクターの名前を叫んでました。
そうそう、良く見たらねぇ~、周りは子供連れの方々がほとんどでした!
大人だけで見てる組、少なかった様な・・・

ショーでは、それぞれのキャラクターの説明を、スケータの方々を交えて楽しく紹介してました。

2IMG_5639r.jpg

こちらは海に住んでいるミーガのシーン。
海中生物に扮したスケーター達が、リンク上で踊りを披露。

2IMG_5645r.jpg

フィギュアはお家で観戦だけど、ショーで見れて嬉しいわっ。

2IMG_5654r.jpg

ホッケーの試合チックなシーン。

2IMG_5656r.jpg

と言うのも・・・

2IMG_5657r.jpg

クワッチ、ゴーリーなんだって!
流石カナダっ子!やっぱりホッケー好きなのねぇ~。
表情で、スケーターさんたちにこの水色のホッケージャージを着せてもらってるところが、個人的にはとても面白かった。(笑)
そうそう、このゴールの後ろに写ってる茶色いヤツ、この時何だろうと思ってたヤツでした。
過去の記事下の方に写真があります。
過去の不思議が解決しつつあって、面白いわぁ~。(笑)

2IMG_5662r.jpg

皆出て来て、楽しくスケート。
そういや、この方々、着ぐるみ着てスケートしてるのよねぇ~。
すごい!流石、カナディアン!

2IMG_5664r.jpg

ひょいぃ~~と、持ち上げられて、スケート。
楽しいですねぇ~。

2IMG_5669r.jpg

15分ぐらいのショー、しっかり堪能して参りました。
その間Kaiserは、足元でそれなりにおとなしくしてたのですが、近くに年配の女性の方々が何名かいたんですよねぇ~。
犬好きの方々で、静かなKaiserを『いい子ねぇ~。』と褒めてくださったり。
途中から座り込んでたKaiserですが、その女性の足に当たる位置に座ってたみたいで、『この子、私の所に座ってたのよ~。暖かくて気持ち良かったわぁ~。』とお友達に話してました。
下手すれば怪訝そうな顔をされても仕方ない場面、好意的に受け取ってもらえて、嬉しいなと思ったのでありました。

この後も街中を歩いてみました。
その様子は次回で。

あっ、そうそう、ボブスレーを提供しているオメガから、帽子をもらったんですよね。
相方と私にってことで、ちゃんと2つくださいました!
ここで撮影したひと皆に配ってるみたいでしたよ。

2IMG_5714r.jpg

家に帰って撮影!
無料で配っている帽子の割りに、中々いい作りで、グレイカラーもカッコイイです。
つばの白いラインには、何気にOMEGAとロゴが入ってたりするし、景品と言えども安物は作らないポリシーなのでしょうかね?
流石オメガ!
野球帽は私持ってなくて、たまに相方の帽子を借りたりしてたので、これからはこの帽子被ろうっと。

あっ、それと、私たちも明日、2月18日、いよいよオリンピックの試合を見に行きます!
女子のカーリング予選で、日本は中国と対戦です。
同じ時間枠でカナダとドイツの試合も行われるので、日本、カナダを応援して来ます。
ちなみに今日、カナダ日本戦をテレビで見てましたが、残念ながら日本は負けちゃいましたね。
明日は両者共に勝ちます様に!
こちらの時間では、午後2時開始。
日本時間では、2月19日(金)の午前7時開始の分ですねぇ~。
チャンスがあれば皆さんも、ぜひぜひ一緒に応援しましょうねっ!

♪♪♪ 帽子の似合う犬と猿?ポチポチ今日も応援嬉しいです! ♪♪♪

blogranking-banner-canada003.jpg


♪♪♪ Thank you! Have a good day! ♪♪♪

オリンピック開幕!

2010年02月14日 14:19

オリンピック、開幕しましたねぇ~。
時間帯が日本的にも良かったので、開会式の中継を見ていた方、結構いらっしゃるかなぁ~?
今回の開会式、初めての室内会場だったんですって。
冬の時期は雨が多いバンクーバーなので、妥当な選択だと思います。
派手さはなかったけれども、上品な作りで、カナダ先住民の文化も組み入れて、いろんな側面から世界にカナダを見てもらおうとしているのが表れてて、良かったんじゃないかなと思ってます。

日本で放送された時は、日本語のナレーションがつくんですよね?
でも英語のナレーションも聞こえてました?
あの渋い声、最後に五輪の旗の担ぎ手としても舞台に出て来た、Donald Sutherland(ドナルド・サザーランド)さんなんですよ~。
カナダを代表する俳優としても有名です。
苗字聞いたことがあるって?お察しの通り、ドラマ『24』でおなじみの、キーファーのお父さんです。
そう、キーファーも意外と知られてないけれど、カナダ人なんですよね。

五輪の旗の担ぎ手と言えば、テリー・フォックスさんのお母様もその一員でした。
若くして骨肉腫で右足を切断し、義足生活となった彼は、がん研究の資金を募る目的で、Marathon of Hope(希望のマラソン)と銘打ち、カナダ横断のマラソンを始めたんですよね。
目的地にたどり着く前に、がんの移転で入院をしなければなくなり、マラソンは中断。
翌年に22歳の若さで亡くなった、カナダの国民的ヒーローであり、彼の存在を知らないカナダ人はいない程です。
彼の亡くなった1981年から、毎年テリー・フォックス・ランと言うがん研究のチャリティーマラソンが開かれていたりします。
ちなみに、彼のお父さんも、開会式の開かれた日、街中を聖火ランナーとして走っていたそうです。

旗関連で言うと、日本の選手団が、日本とカナダの両方の国旗を手にしていたのは、いいなぁ~と思いました。
メダルを争う国同士の戦いであるオリンピックではありますが、単にそれだけではなく、世界との交友ってのもテーマの一つだと思うので、なんだか見ていて嬉しかったです。

今回の開会式、歌も多かったですよねぇ~。
最初のカナダ国歌は、アレンジされてたのですが、正直、あのバージョンは好きじゃありません。
相方も同じ意見。ちゃんと歌って欲しかったなぁ~。
カナダ国歌を知らない人が、あれが正式バージョンだと思ってしまわないか懸念すると言う声も、結構上がっているそうです。
ちなみに、聖火リレーの時に市役所前で歌われてたのが正式なメロディですねっ。

歌と言えば、印象に残ってるのは、最後の方に歌われた『ハレルヤ』。
白いスーツでビシッと決めた歌手の名前は、アルバータ州エドモントン出身のk.d. lang(k.d. ラング)さん(小文字表記が正式名)。
日本での知名度は低いと思いますが、グラミー賞なども受賞しているカナダの代表的な歌手です。
丸みのあって伸びのある声に、聞き惚れずにはいられませんでした。
声の感じと、容姿とで、性別を不思議に思った方もいるかと思いますが、この方は女性です。
彼女は同性愛者であることもカミング・アウトしており、同性愛者同士の結婚を認めているカナダと言う国の住みやすさや生きやすさを表している感じもしますね。

私がいいなぁと思ったのは、メイプルリーフがちりばめられた舞台に、沢山のバイオリン奏者がコラボレーションして収穫祭の様に踊っていたもの。
トリで出て来た、超高速でバイオリンを操っていた男性は、Ashley MacIsaac(アシュレイ・マックアイザック)さん。
この方もカナダでは有名な方なんですよねぇ~。
バイオリンと言う古典的な楽器を現代音楽チックにアレンジ。
三味線の吉田兄弟って感じかしらねぇ~?
調べてみると、この方も同性愛者らしく、パートナーの方と結婚されているのだそうです。

ランダムに思いついたことを書いてますが、氷が割れるシーンや、シャチが泳いで潮を吹いているシーンもすごいなぁ~と思いました。
少年が草原の上を飛ぶシーンも、シンプルながら幻想的で、ピーターパンチックでもあり、良かったですよね。
そうそう、観客の方々や、入場して席に着いた選手たち、白いケープを着てましたが、開会式に来る人達、白っぽい服を着て来る様にとの連絡があったみたいですよ。
観客参加型で、その場にいた人々もたっぷり楽しめたと思います。

さてさて、室内の会場、どこに聖火を点灯するのか、すごく気になってましたが、やっぱり外に移動でしたねぇ~。
会場内の点火台が、不完全だったのはご愛嬌。(笑)
聖火最終ランナー、たぶん予想が的中と言うカナダ人も多かったと思います。
もう本当、この人しかいないと言うぐらい!
Wayne Gretzky(ウェイン・グレツキー)さんは、アイスホッケー選手の中でも神の様な存在。
The Great One、すなわち、『偉大な人』と言う別名で、カナダ人なら誰もが愛する最高のスポーツマンなのです。
彼が最終的に聖火を点火した場所、それはこの時に何だろうなぁ~と思っていた所でした。

2IMG_4661r.jpg

前の記事に載せた写真。
この白い目隠しの後ろに、聖火台があったわけですねぇ~。
開催期間中に、一度見に行って見たいと思います。

ってわけで、長々と書きましたが、開会式の個人的な感想&ちょっとした解説でございました。
お付き合い、ありがとうございます!

♪♪♪ ランキングに参加中!2クリック応援嬉しいです! ♪♪♪

blogranking-banner-canada003.jpg


♪♪♪ Thank you! Have a good day! ♪♪♪

バンクーバーオリンピック聖火リレー ③

2010年02月12日 16:11

オリンピック期間中は、交通渋滞を避ける為に、勤務時間が1時間早まる相方。
開会式のある今日は、さらに特別に早めに仕事が終わり、ただ今カウチで昼寝しております。
Kaiserも、トイレ散歩に15分ほど行っただけで、今日は休養日でございます。
相方がダウンタウンで撮って来た、本日の聖火リレーの様子、開会式が始まる前にアップしちゃおう!

以前ココで紹介した、ロブソン・スクエアの辺りに聖火ランナーが。

6DSCF9031r.jpg

右の真ん中に、青い空の写真ボードがありますが、その左横に大きなカナダの旗を持った方がいて、その隣に白いユニフォームを着た方がいますよね。
彼が次の走者。
・・・なんかウォーリーを探せみたいっ!

6DSCF9036r.jpg

水色のとんがった屋根の手前に、別の場所から聖火走者がやって来ました。

6DSCF9043r.jpg

新しい走者に火が渡ったところで、スケートリンクをザンボーニに乗って一周したそうです。
面白いアイディア~!

6DSCF9048r.jpg

やって来たこの方、Dal Richardsさんと言うスゥイング・バンドのリーダーなんだそうです。

6DSCF9051r.jpg

嬉しそうに走っている・・・と言うか人が多すぎるせいもあって、歩いている・・・様子、テレビで放送されてました。
そうそう、テレビで言ってたけど、聖火ランナーのグローブは、お店に売ってるのとちょっと違うんですって。
聖火をしっかり持てる様に、内側についたメイプルリーフの模様が、滑り止め素材になってるそうですよ。

沢山の人々の姿が面白くって、写真を撮りたかったという相方、歩道横の木に登って撮った写真が次からのもの。
木に登って写真を撮っているその姿を、カメラに収めてる報道陣もいたのだとか。(笑)

6DSCF9061r.jpg

ランナーの方の乗り込む車。

6DSCF9062r.jpg

ココで載せた大きな国旗の前もお祭り騒ぎ。

6DSCF9080r.jpg

パシフィックセンターと言うショッピングモール前のインフォメーションセンターは、氷の家、イグルーの形に変装してました。
にしても、すんごい人。
左側の緑のシャツに黒いジャケットの女性、飛び出してる感じがしますが、肩車されてます。(笑)

6DSCF9088r.jpg

左の奥に白い建物が見えますかぁ~?
あれがthe Bayというデパートです。
交通規制されていて、どこもかしこも歩行者天国状態なので、もう一面人、人、人ですねぇ~!

カウントダウンクロックは・・・

6DSCF9090r.jpg

オリンピックまで後0日!
自分の住んでいる市で開催されるなんて、なんだかワクワク度がアップですねぇ~。
月末28日までの17日間、大きなパーティーのはじまり、はじまりぃ~!

♪♪♪ 親近感を持ってくれてありがとう!応援も嬉しいです! ♪♪♪

blogranking-banner-canada003.jpg


♪♪♪ Thank you! Have a good day! ♪♪♪



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。