スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンクーバー到着

2009年10月13日 01:29

心配していた長旅も、思った以上に快適に過ごせて、ひと眠りした後はバンクーバーに到着。
2つ目の飛行機では窓際の席だったので、新しい街の様子が上空からバッチリ見えました。
残念ながら私のカメラは、カバンに入れて上の棚にしまわれていたので、写真が撮れなかったけど、しっかり目に焼き付けたもんねっ。

観光シーズンではないのか、意外とがらりんとした空港。
長い連絡通路を通って、入管に下るエレベーターを降りたところに、新移民のサインが。
案内員の方が立っていたので、聞いてみると、一般の人とは別の横手のオフィスに入って移民の手続をするとのこと。
ネット情報では、場合によって沢山の移民の方が待合室にいて、1時間以上待ってやっと手続きって場合もあるらしく、それなりの覚悟はしていたのだけれど、ほとんど人はおらず。
と言うか、たぶん同じ飛行機に乗っていたんだろう女性がそこのオフィスに到着したんだけれど、彼女は学生ビザってことで別の窓口に通されたので、実質新移民は私だけ。
まずは受付に行って、新移民であることを伝え、パスポートとカナダ大使館から送られて来た書類を見せました。
移民に有益な情報の載ったパンフレットをもらい、中身の簡単な説明を受けた後、形式だけの通しナンバーをもらって待合椅子へ。
もらった書類はこんな感じ。

IMG_8691r.jpg

・・・と、飛行機を降りた段階から、キャリーの上を開けてKaiserの頭を出した形で運んでたわけですが、その姿に移民局のオフィサーの方々も早々と気付いて、かわいい!と言う視線。
いやぁ~、わんこパワーで和みましたよぉ~。
移民手続の書類に書いた様な、スポンサーである相方との関係等についての簡単な質問があるかと思ったら、別に詳細は聞かれませんでした。
パスポートと書類の内容をオフィサーがチェックして、PRカードと言う永住権保持者であることを証明するカードを送る為のカナダ国内の住所と、所持金を聞かれて、書類に3箇所サインしておしまい。
オフィサーの方、お若い女性だったのですが、手続の書類を書きながら、『これが終わったら犬をなでてもいい?』と。
『もちろん!』と答えると、カウンターから出て来て、かわいぃ~と撫でまくってくれました。
ただ注意された点が2つ。
空港内では規制があるので、犬を外に出さないこと。
そして、そのキャリーは小さすぎるんじゃないか?とのこと。
これは、動物愛護の観点からの注意ですね。
乗り継ぎのある長いフライトだったので、迷子や不安にさせたくないためにやむを得ずこのキャリーを使ったとお伝えしました。

この後、動物検疫。
ここでもキャリーの大きさを注意されましたが、同じ様に説明。
来てしまったから、仕方ないとばかりに許してもらいましたが、オフィサーは、『航空会社はこの大きさの犬をこんな小さなキャリーに入れて運ばせるべきではない。』と厳しいお言葉をおっしゃってました。
ここでは、日本の検疫で作成してもらった英語の書類を見せ・・・提出ではなく見せるだけでオリジナルは返してくれました・・・手数料を払いおしまい。
・・・かと思ったら、思わぬトラブル。
ドッグフードを持っていると申告していたのですが、肉製品は一切持ち込めないということで、取上げられてしまったのです!!!
えぇ~~~~~!!!
全く食べていないので、ならここで食べさせてもいいかと聞いてみたら、オフィサーの善意でフードを一握りか二握りぐらい袋に入れてくれました。
Kaiserの食べていたARTEMISというフード、バンクーバーのペットショップのページを事前に調べてたんですが、置いているところが見つからず、現地に行って探そうと思ってたんですよね。
しばしの間は、持って来たフードで間に合うだろうと思ってたのに・・・
でも嘘をついて入国するわけにはいかなかったので、渋々・・・
オヤツは良いのだとか・・・
実はオヤツ、ソフトクッキーなんだけど、厳密に言えばチキンを含んでたんだけど・・・
『オヤツも持ってます。』と言ったのに、オフィサーが『オヤツは大丈夫。』と答えたから、それ以上突っ込まずに所持したままでいました。
まぁ、生肉派のKaiserだから、食べれるものはなんでもあるし、いいよねっと思いつつ。

検疫でもらったレシートなどの書類はこちら。
興味のある方は、クリックすると少し大きくなるので見てみてね。

IMG_8696r.jpg

IMG_8697r.jpg

30ドルと税金1.5ドルが料金でしたね。
日本円の感覚だと、3150円って感じかな?

そんなこんなで、バンクーバーに到着したのが午後3時ぐらいでしたが、全部終わったのが4時頃。
移民オフィスも検疫も、混んでなかった割には時間がかかったわぁ~。
手続を終えてから荷物を取りに行ったのですが・・・正確には手続の途中にドッグフードを取り出す為荷物を取りに行きました・・・ベルトコンベアは既に止まっており、私の荷物だけ横っちょに並べてありました。
全てカートに乗せて、本当がらんがらんの空港の到着便出口へ。
子供のように、カートでス~イス~イスケートしながら走っちゃいましたとも。
同じ飛行機に乗ってた方々は、もう既に皆出て行ってたので、私、ひとり。
一旦新居に荷物を置いて、電車でもう一度空港にやって来てくれた相方の姿を見た時は、何だかほっとして涙が出てしまいました。
全般的にスムーズに行った方だけど、やっぱり不安や緊張感が知らず知らずのうちに募っていたんでしょうねぇ~。
安堵感に包まれた後は、サンフランシスコからずっとトイレを我慢してたんだと気付き、トイレに駆け込んだ私です。
その後Kaiserも連れて空港の外へ。
Kaiちゃんもおトイレ我慢してたもんねっ。
空港近くのちょっとした公園エリアで走って、久々の用を足したKaiserです。

IMG_8639r.jpg

空港の敷地内にある、トーテムポールとパチリ。
ネイティブカナディアンスタイルのアートですねぇ~。
興奮やらなんやらで、暑くて半袖ですが、実は肌寒かったです。(笑)

タクシーにていざ新居へ。
と、車窓から横を通り過ぎるバスが見え、その後に描かれた広告が・・・

DSCF8225r.jpg

ビーグル!!!
と、慌てて相方にシャッターを押してもらいました!(笑)

お家に着いてから、ちょこっと残してもらっていたドライフードの半分を食べるKaiser。

IMG_8655r.jpg

むさぼる様に食べてました。
その姿を見ると、良く頑張ってくれたなぁ~と感謝するばかり。
悲しい泣き声ひとつ上げることなく、いい子だったKaiserにどれだけ助けられたことか!

日が暮れる前にお散歩に出かけたら、元気に走っている犬たちの姿を発見。
一緒に混ぜてもらいました。

IMG_8668r.jpg

IMG_8673r.jpg

この場所がドッグランかどうかは???
ですが、エコノミー症候群から回復すべく、たっぷり運動して元気に過ごしましたよ。
バンクーバーに着いたばかりだと伝えたら、暖かい歓待の言葉も頂き、素敵な新生活のスタートとなったのです。

この後、立ち寄ったコンビニでオヤツを買って、ローマ字書きの記事アップとなったのでした。


♪♪♪ やっとバンクーバー到着記事です!これからも応援してね! ♪♪♪

blogranking-banner-canada001.jpg


♪♪♪ Thank you! Have a nice day! ♪♪♪
スポンサーサイト

大阪からサンフランシスコへ

2009年10月12日 18:03

相方を見送ってから、私たちはまたもやお散歩すべく、外へ。

IMG_8616r.jpg

1階、建物の向かって左側で見つけたこの言葉が、なんかいいなと思ったのでパチリ。
気合の入った表情のKaiserです・・・って、単にあくびしてるだけなんだけどね。

IMG_8618r.jpg

お散歩♪お散歩♪
と言っても歩ける場所は限られているので、同じところを何度もうろうろ。
空港に犬ってシチュエーションが珍しく、いろんな方が振り返って見てました。
『あの犬も連れて行くのかなぁ~?』って疑問の視線感じましたよぉ~。

昼の1時半頃から、やっと私の乗るユナイテッド航空のデスクにも担当の方がやって来てチェックイン。
青いスーツケース、重さを量ったらなんと34kg!
重量オーバーで追加料金を払うのは覚悟だったんだけど、32kgまでならお安くてそれを越えると6万円???って言ってたかな???
って事で慌てて荷物調整し、何とか少しの追加料金で済みました。
重量オーバーが1つと、追加荷物1個って事で22,400円だったかな?
Kaiserの料金も、チケット購入の時に旅行会社の人が教えてくれたものより安く、18,700円でした。

荷物を預けた後、機内持ち込みの荷物はこちら・・・

IMG_8621r.jpg

飛行場までの移動に使っていたキャリー、人間の赤ちゃんが使っているベビーカーの様に、搭乗口で無料で預かってもらうことが出来るかどうか聞いたのですが、無理。
で、この中にバックパックを入れたら、手荷物1つとして大丈夫かと尋ねたらOKだったのでこうやって持ち込みました。
Kaiserはオレンジのキャリーに入ってます。

荷物を預け入れてからも、ずっと外にいたので、私自身お昼ご飯を食べるのを忘れていたことに、ギリギリになって気付きました。
小さなクランチバーが数個カバンに入ってたので、それで飢えをしのいだ私です。

セキュリティーエリアを通る時は、オレンジのキャリーからKaiserを出し、抱っこして金属探知機ゲートを一緒に通りました。
ここでも周囲からの注目を浴びていた私たちです。
出国手続でも特に問題なく、搭乗の際もキャリーについているKaiserのチケットをちらりと見せたぐらいで、至ってスムーズでした。

行ってきますって記事を搭乗口のすぐにあったコンピューターでアップして、獣医さんからもらっていた安定剤を半分だけ飲ませました・・・が、そのままじゃ食べてくれなかったので、オヤツに埋め込んでね。

IMG_8509r.jpg

席は出入りの時に邪魔にならないようにと、窓際にしてたのですが、いざ行ってみると他の方が座ってました。
どうやら荷物の上げ下ろしの為、一時的に座ってた様なのですが、グループで旅をしていたその方&お友達から席を替わって欲しいと言うオファーがあったので、承諾。
真ん中に5席ある塊のシートの通路側になりました。
実は席を予約した後、通路側の方が良かったかなぁ~?と密かに思っていたので、私としてもラッキー。
その方も、私と席を替わったことで、お友達同士隣になれて喜んでました。
私のお隣にも同じグループの方が3人座っていて、彼らは計5名で旅をしていたみたいなのですが、ドイツ人だったんですよねぇ~。
ドイツと言えばわんこが沢山。
カフェやレストランにも普通に連れて入ったりして、犬の好きな国民!
って事で、『犬も一緒に乗ってるんだけど、アレルギーなどない?』と聞いた後・・・この質問はどんな方が隣であってもしようと思ってましたが・・・キャリーの上の部分を開けてても構わないかどうかも聞いてみました。
皆、もちろんっと言わんばかりに快諾。
開けて見せて欲しいって感じだったので、ちょっぴり挨拶した後、Kaiserと言う名前だと伝えると、その意味が分かるので笑ってました!

本当は足元に荷物を置いておくのは飛行機ではタブーなんだけど、乗務員の方は特に見ている様子も無く・・・

IMG_8625r.jpg

こんな感じ。
この時は顔を出してますが、飛行中は98%ぐらいキャリーで丸まってました。
食事が配られると、においに反応して、もぞもぞしていたKaiserですが、欲しがって鳴くことも無く、キャリーから飛び出ようとするでもなく、とってもいい子。
薬が効いているようにも思えるし、薬を飲ませる前から、キャリーの中では暴れることなくいい子だったので、フツーの状態なのか良く分かりませんが、私にとっては大助かりでした。

IMG_8626r.jpg

顔が出ちゃってますが、ブランケットを膝にかけてたので、フツーはこんなに顔が表に見えていることは無かったんですよ。
写真が撮りたかったので、こんな感じです。

トイレも全くすることなし。我慢してもぞもぞしている感じもなかったので、良かったです。
サンフランシスコの時間に合わせて、日本の深夜過ぎに軽い朝食のサービスがあったのですが、その時もらったサンドイッチのパンの端っこちょっとと、カップに残ったヨーグルト、そのカップにアップルジュースを入れてちょこっとだけあげました。
到着までもう少しだったので、それぐらい食べても大丈夫だろうなってことでね。

そうそう、私の隣に座っていた男性、ご飯の時以外ず~~~~~っと寝てて、1度もトイレに立たなかったんですよ!
そのお隣の女性も!
ってことで、通路側の私の前を横切る人は一人もおらず、通行の邪魔になることもありませんでした。
いやぁ~、ラッキーな席でした!

約10時間のフライトを終えて、サンフランシスコに到着。
アメリカへの入国手続の際は、カナダへの乗継だと伝え、犬も一緒で検疫の書類もある旨伝え、ちらっとそれを見せただけでスルー。
簡単でした。
預け入れてたスーツケースも一旦受け取り、直にまた預け入れ。
セキュリティーでは日本の時と同じく、Kaiserを抱っこ。
その姿を見た旅行客やオフィサーの方々、かわいぃ~!と声をかけてくれたり、近寄って来たり。
アメリカのセキュリティーでは靴を脱がなければいけなかったのですが、座って靴を履く間、Kaiserを座って待たせていたら、オフィサー3人が、ちゃんと待っているKaiserの姿に関心。
『うちの犬は出来ないよぉ~!』とかって笑いながら言っていたので、ではではっと、フセさせて横に一回転するRoll Overを披露いたしました。
皆さん、大うけでしたよ!(笑)

セキュリティーゲートを出てすぐのところが、次の飛行機の搭乗口。
ユナイテッドの担当の方が立っていたすぐそばに荷物を置き、トイレ休憩の場所を見つけるべくちょこっと散歩。
飛行場の中を、犬が歩いて良いのかどうか不明でしたが・・・たぶんダメなんではなかろうかと予想しますが・・・注意されたら言うことを聞こうってことで、お散歩させてもらいました。

IMG_8628r.jpg

ここでも大注目。
優しい微笑を浴びることが多かったです。
空港で働いているんだろう人も見てたのですが、特に注意は受けませんでした。
が、肝心のトイレの場所がなく・・・
そりゃそうですよねぇ~、セキュリティーチェックが終わったこのエリアから外に行けるわけがありません。
ということで、軽い運動とストレッチのみで終了。
今回もまたもや私自身のしたいことを忘れておりました・・・私、トイレに行きたかったんですよねぇ・・・
Kaiserを置いて行く気にもなれず、飛行機の中で行こうと思って諦めました。

IMG_8629r.jpg

2時間弱の乗り継ぎ時間でしたが、無事乗り遅れることも無く次の飛行機に搭乗。
1つ目の飛行機では、珍しくあまり寝れなかった私も、2つ目の飛行機でそこそこ寝れて良かったです。
この時お隣だったのは、若いカップルでしたが、彼らの家にも犬が3匹いるということで、Kaiserが一緒に乗ることも全く問題なし。
狭い国内線の飛行機・・・バスよりちょっと大きい感じです・・・なので、乗務員の方も隅々まで目が行き届くのか、今回はバッグを上の棚に入れ、Kaiserのキャリーをしっかり前の席の下に収めるように注意を受けちゃいました。
入らないと思っていた前の席の下のスペース、押し込んだらちゃんと入って、しかもKaiser、ぐずることなく2時間ほどのフライトをしてくれたので良かったです。
・・・あっ、私、飛行機でもトイレに行くタイミングを逃しちゃいましたが・・・

・・・・・・って事で、以上が飛行機での様子。
次回はいよいよバンクーバー到着のことを書きますねぇ~!

♪♪♪ エコノミーでも快適な空の旅!一緒だから良かったです! ♪♪♪

blogranking-banner-canada001.jpg


♪♪♪ Thank you! Have a nice day! ♪♪♪

関空から行って来ます!

2009年10月05日 16:25

ただ今関西空港の搭乗ゲート前です!
相方は1時半ごろに大韓航空で飛んで、今頃ソウル。
Kaiserと私は、17:10のユナイテッドに乗りまぁ~す!
時間に余裕があったこともあり、今のところスムーズ。
お散歩時間もたっぷりあって、Kaiserは今チビキャリーでお休み中です。
写真も追ってアップしますね!
私がバンクーバーに着くのは、日本時間の早朝です。
安全なフライトを祈っててくださいませ!
ではでは、行ってきまぁ~す!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。